プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2018年4月
« 3月  
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

TSUMUZIワールド 炸裂!!


こんにちは。

4月16日(土) 美術館ラウンジにて「TSUMUZI ジャズバイオリンコンサート」を開催いたしました。

全員.JPG

毎回たくさんのお客様に参加していただいております。今回も100名様を越え アーティストの皆さんの若いパワーとお客様の熱気で美術館は炸裂しました!!

「TSUMUZI」さんはコンポーザー/ジャズ・バイオニストです。クラシックをルーツにしながら様々な試行錯誤を経て生まれた骨太なオリジナル楽曲とスパニッシュ音楽やジャズ、タンゴなどの独自のリズム(5拍子)で「TSUMUZIワールド」を確立しています。

ツムジ.JPG

今回のコンサートでも5拍子のオリジナル楽曲 ♫ 2月26日のタンゴ ♫ 夢塚 ♫などの他に皆様おなじみの ♫ 情熱の五大陸 ♫ なごり雪 ♫ をTSUMUZIさん独自のアレンジで楽しませてくださいました。

そしてご一緒に盛り上げてくださったバンドメンバーのみなさんは 実力派の若手アーティストです。

 侑音(yu-to) ギタリスト、コンポーザー、アレンジャー:さまざまなアーティストのサポートギタリストとして活躍。歌、BGM、CM音楽を制作。

ギター.JPG

 藤巻良康(ふじまき よしやす) ベーシスト:エレキベース、ウッドベースを弾きこなす。海外ミュージシャンとの共演などの経験を経て、様々なジャンルのアーティストのサポートで活動中。

ベース.JPG

 津島周平(つしま しゅうへい) パーカッション、ドラムプレイヤー:ラテン・ジャズ・ポップスまで幅広く演奏。音楽の楽しさを伝えるために後進の育成も行う。

P4161078.JPG

 伊集院史郎(いじゅういん しろう) フラメンコダンサー:19歳でフラメンコに出会い、その後日本フラメンコ協会新人公演にて奨励賞受賞。数々のアーティストのアルバムに参加。ダンサー.JPG

5拍子という独自のリズムですばらしいバイオリンの音を奏でて下さった「TSUMUZIワールド」に会場のおきゃくさまは陶酔できたことと思います。

P4161088.JPG

アーティストのみなさま、ご来館のみなさま、ありがとうございました。

 

❁ お知らせ ❁

5月28日(土)開催 「サックスコンサート」は定員に達しました為、締め切らせて頂きました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

6月25日(土) 「ギターデュオコンサート」はお席がございます。ご連絡、お待ちしております。

これからも ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館 をよろしくお願いいたします。

                              by  わたなべ

 


✍ お客様の声より ✍


    untitled.bmp

ご来館されたお客様から戴いた 『お客様の声』を掲載させて頂きます。

untitled.bmp

 

 ❁ 退職して、美術館巡りを楽しんでいます。都会の美術館もいいけれど、川越にこんなに素敵な美術館があるなんて...。今日は来て良かったです。胸がはりさけそうな位、作品の一つ一つに感動しました!     さいたま市 女性

 

❁ 細かい建築の工夫にたくさんおどろかされました。絵画と空間の一体感もあり、空間が与える印象が小さなちがいで大きく変わることを身をもって分りました。これから、もっと精進して建築にとりくみたいと思いました。  

 

❁ すごかったです。心が洗われました。今日一日で、僕の美術に関するレベルが1UPしたと思いました。

 

❁ 3月3日生まれの夫の誕生日祝いに、ヤオコー美術館に参りました。すばらしいの一言です。そして「老いる」と「生きる」は、70代夫婦のこれからの大きな波と思います。おだやかなひとときを、ありがとうございました。     A.W様

 

❁ 前にテレビでこの美術館の事を知りました。息子夫婦と孫が川越に住んでいまして、今日は初めてとまりに行く所です。美術館の建物もすばらしいし、今日の展覧会、初めて知る画家さんで、ゆっくりと楽しませていただきました。今日は3月と思えないほど暖かい日です。又息子の家に来る時に来させていただきますわ!! ありがとうございました。

 

❁  very beautiful pictures and great hospitality.The museum itself is very beautiful and peaceful.The staff is very kind and helpful. Coming here was a great experience with delicious drinks.   Viva Mexico!!

 

❁ 今日は生後6か月の赤ちゃんと、美術館に来ました。最初に赤ちゃんにいいものをみせたくておとずれました。家族や子供の作品を赤ちゃんとみてると来てよかったとかんじました。桜も、本物をみている様にかんじました。「或る家族の肖像」をみてるとほほえんでいて私も仲良く家族とくらそうと思います。あかちゃんと二人でみててとてもしあわせでした。ありがとうございます。     M.H様 T.H様

 P4151037.JPG

❁ スーパーの「ヤオコー」へ行くたびに目にするずっと気になっていた「爛熳」の絵に出会えました! ふじかと思っていたら、桜だったのですネ・・・。本物のパワーはやはりすごいです。しばし、絵の前で立ちつくして仕舞いました。美術館の場所を教えて下さった知人に感謝!!     S.Y様

 

❁ 久しぶりに訪れた川越で、偶然に見つけました。正直、ブラ~っと見ましたが、「光る海」の絵や満開の花の絵などすごく心に響く作品が多く、色彩豊かでキラキラとしていてとても素敵な空間でした。ヤオコーは私の家のすぐ近所にありとてもなじみ深いスーパーなので、こんな美術館を持っていた事につくづくびっくりしました。これからもヨロシクね!ヤオコーさん☺     K.M様

 

❁ 心から感謝申しあげます。温か味と奥深い情緒あふれる芸術に感動でいっぱいです。長い人生の末にこの上ない宝物の心づくしを頂き、残った日の思い出にさせて頂きます。スバラシイおみやげを全身に刻み込んで帰らせて頂きます。ありがとうございました。


さくら咲いたよ 2016✿4.6


こんにちは。

4月6日水曜日。

今日はとても良いお天気ですね。ようやく青天で桜の花を満喫できますね。

美術館の枝垂れ桜も満開をむかえました。クリスマスローズとのコラボレーション。

ぜひごらんになってください。

美術館しだれ.JPG枝垂れアップ.JPG


さくら咲いたよ 2016✿4.3


こんにちは。

新河岸川沿いのさくら、とってもきれいですよ。朝早くからたくさんの花見客で賑わってます。

空がイマイチなんですけど・・・。4月3日(日)の桜の様子です。

4.3満開.JPG4.3橋とさくら.JPG4.3幹.JPG


さくら咲いたよ 2016✿3.30


こんにちは。

桜の花が咲きました!!新河岸川沿いの桜、今日3月30日(水)の様子です。

16.3.30A.JPG16.3.30 アップ.JPG

美術館の枝垂れさくらはまだ蕾です。

009.JPG

くもり空なのでちょっと画像がくらいですね・・・。お花見のご参考にどうぞ。

美術館ではカフェだけのご利用もできます。季節に合わせた、「さくらテイー」ご用意しております。


JAZZ と さくら と お客様。


みなさん こんにちは。桜の花も咲きはじめました。

みなさまに支えられ5年目を迎えました「ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館」。恒例のミニコンサートは毎回好評で満員御礼です。25回目のアーティストは 2度目のご出演になります ♫小林里枝(さとえ)カルテット♫のみなさんです。  3にん.JPG

プログラムは ♫ 枯葉 ♫ Take the A train ♫ Fly me to the moon ♫ Smile ...etc

ジャズの醍醐味はなんといってもアーティストの皆さんによるセッションです。楽器をとおして会話をしているように絶妙なノリでゴキゲンなリズムを刻み お客様も一体になって会場全体で盛り上がりました。

メンバー紹介です。

♪ アルトサックス 小林里枝さんサックス.JPG かわいらしい女性ですが迫力満点のサックスを吹いてくれました。 

♪ ピアノ 飯田篤史さんピアノ.JPG 今回美術館にグランドピアノが入りまして 記念すべき初めての奏者となりました!!センスの良いピアノソロを披露してくださいました。

♪ ベース 東郷ケイジさんべーす.JPG ベースはもちろん、ノリのいいヴォーカルもこなします。そして大きなベースを持ち上げてのパフォーマンスもみせどころ。ベースパフォーマンス.JPG

あっという間の一時間でしたがアンコールには ブルースを演奏して 三栖先生の「爛熳」との饗宴を終えました。

「小林里枝カルテット」のみなさま、ご来館のみなさま、ありがとうございました。

✿ 美術館からのお知らせ ✿

開催中の展示 「花も、実も、海も、いのちあるもの・・・」

今の時期にぴったりの桜の絵が5点 展示中です。新河岸川沿いの桜並木とともにぜひ、お楽しみください。 


美術館 ✿春のお花たち✿


みなさんこんにちは。美術館スタッフ わたなべです。

桜のつぼみも膨らみ始めました。春ですね~。

美術館のお庭もにぎやかになってきました。なんといっても 春一番乗りのお花は

✿クリスマスローズ✿くりすますろーず.JPG

スタッフが大切に育ててきました。今年もみごとな咲きっぷりです!!

                                                                                                                                        ✿ラッパスイセン✿らっぱすいせん.JPG

✿こぶし✿ 

こぶし.JPG

 

 

 

✿ムスカリ✿ ぶどうのような花で、名わき役だそうです。むすかり.JPG

 

 

 

✿くさボケ✿ 毎年、みごとな実をつけます。くさぼけ.JPG

 

✿スノーフレーク✿ スズランのような花と水仙の葉に似ていることから「スズランスイセン」とも呼ぶそうです。

すのーふれーく.JPG

✿チオノドクサ✿ とても小さな花です。ちおのどくさ.JPG

✿ビンカミノール✿びんかみのーる.JPG

✿ゆすらうめ✿ さくらんぼ味のちいさな赤い実をたくさんつけます。ゆすらうめ.JPG

 

これからも四季折々の花を咲かせる美術館のお庭です。どうぞ 新しい展示「花も、実も、海も、いのちあるもの・・・」とご一緒に 小さな命に出会ってください。

❀新河岸川沿いの桜並木も ぜひ・・・❀

お待ちしております。

 


花も、実も、海も、いのちあるもの...春・夏展示がはじまりました


みなさま、いつもヤオコー川越美術館・三栖右嗣記念館のブログをご覧いただきまして、まことにありがとうございます。

当館では年に2回、春と秋に展示替えを行っております。今回のテーマは、「いのち」。期間は3月15日(火)から9月11日(日)迄です。

花も、実も、海も、いのちあるものとして私を捉える。原色の花々は、南国の灼熱の暑さの象徴であり、人生に置き換えれば活力に満ちた季節を思わせる。二度と巡ってこないいのちを燃やせ、燃えつくせという思いを塗り込めて私は描く、熟れたリンゴの、その真っ赤ないのちが陽光に輝き、つめたい初冬の野の姿を私は好む。熟れきって今を盛りのリンゴ達もやがて枯葉と共に土に還りまた新たな芽ばえとなるであろう。そして、人もまたおいて身は朽ちるともそのひたむきな生きざまはその息子達の心の深底に根をおろすことを信じる。いずれも「生命」と云ふテーマが私にとっては共通するものなのである。

                                                                                                三栖右嗣

三栖右嗣の創造する世界は、つねに命の終焉と、その再生です。冷たいオホーツクの海辺に横倒しに打ち上げられた廃船と、その上を、横溢する生命を象徴するかのように飛ぶカモメたち。あるいは初冬に、枝から離れ地に横たわり、朽ちていくリンゴ達に射しこむ柔らかな陽の光。いのちを燃やせ、燃えつくせという三栖の叫びは、この世を生き抜いていく、人間を含めたあらゆる存在への応援歌のようです。

さて、展示内容のご案内です。

まず、初展示となります、0号から6号までの愛らしい作品たちです。021.JPG

それから、春展示には欠かせない桜を描いた「爛熳」。今回は500号、150号、120号の3点が並びます。特に120号の「爛熳」はぜひご覧いただきたい作品で、流れ落ちる滝を思わせる、光に染まった桜枝が圧巻です。025.JPG

さらに、まったく同じ構図の山あいの小さな湖を、油彩とパステルで描きわけた、絵をお描きになる方には垂涎の2作品があります。ともに「信州うみのくち」という画題がついています。017.JPG

そのほか、真っ黒に日焼けした子供たちの「弓を射る少年」「潮風・ひかり」。水底まで陽が射し込む「光る海」。常設展示作品の「老いる」「生きる」「アトリエにて」など、ぜひご覧いただきたい作品群が皆様をお待ちします。

川越蔵の街通り、喜多院、氷川神社とそのすぐ近くの新河岸川の桜並木など、見どころ満載の川越散策の〆は、 ヤオコー川越美術館へ。 館員一同こころよりお待ちしております。             byひらい


美術館コンサート 可憐な四輪の花の饗宴


弦楽四重奏団「フィオラ」のコンサートが、2月25日に行われました。フィオラ2.JPG

いつの音楽会でも、ヤオコー川越美術館の音の響きの美しさには、お客様からお褒めの言葉をいただいておりましたが、今回のバイオリン、ヴィオラ、チェロの弦の響きには、圧倒されました。

この可憐な妖精たちが奏でる音楽は、最初の和音が流れた瞬間から一堂の観客を魅了し、魅了し続けたまま、一気にアンコール曲の最終章までなだれ込み、終演しました。

外見は可憐な妖精でも、中身はヴィヴァルディ、モーツァルト、ヨハン・シュトラウス、ホルストに果敢に挑む、百戦錬磨の芸術家だったのですから...。アンコールを求めるお客様の拍手がひときわ高かったのは、言うまでもありません。P2250785.JPG

左から、中島知恵(ヴァイオリン)、原田梢(ヴァイオリン)、栗井まどか(ヴィオラ)、佐藤万衣子(チェロ)の皆さんです。豊饒な音楽と、四人の楽しいトークに、観客の皆さんも時を忘れた演奏会となりました。これからもどうかこの若き演奏家たちを応援してください。よろしくお願いいたします。また、美術館の今後のコンサートもどうぞお楽しみに。

 


♫ 第24回 美術館ミニコンサートのお知らせ ♫


美術館ミニコンサートのお知らせです。

 次回のコンサートは、fiola(フィオラ)のみなさんによるバイオリン、ビオラ、チェロのバイオリン.bmp弦楽器四重奏コンサートです。

fiolaは、元「高嶋ちさ子12人のバイオリニスト」のメンバーを中心に、数々の場で活躍されているプロの演奏家が集まり2012年に結成されました女性4名のグループです。「皆様の心と体を元気にすること」をテーマに五感で満喫していただけるような演奏をしています。

ぜひこの機会に、心と体を癒しに素敵な演奏を聴きに来ませんか♪

     

    ♪ 入   場  先着80名様   お早めにどうぞ

    ♪ 予約方法  ご希望の方は、直接または電話、メールにて当館にお申込みを 

             ☛メールは、このページ右下の「お問い合わせ」からどうぞ             

    ♪ 日    時  平成28年2月25日 木曜日

              開演:午後4時

    ♪ 場    所  ヤオコー川越美術館(三栖右嗣記念館)ラウンジ内

    ♪ 入  場   料  ラウンジ内(コンサート)は無料です。

           【但し、絵画展示室入場者は通常料金をいただきます。

           ※大人 300円  中人(大学生・高校生) 200円 】

                    ☎049-223-9511

                                             (ヤオコー川越美術館・三栖右嗣記念館)

                    

            皆様のご来館お待ちしております・・・・・・

yjimage[9].jpg

 


TOPへ戻る