プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2018年4月
« 3月  
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

美術館に変拍子の旋風を!TSUMUZI♫


みなさんこんにちは。

4月7日(土)、今年度初の美術館ミニコンサートを開催いたしました。

なんと!今回で40回目を迎えました。すべてのコンサートにおいては、たくさんのお客様に盛り上げて頂きまして、スタッフ一同感謝しております。

開催前よりお問い合わせが多数ありました。記念すべき40回目の出演アーティストは・・・。

ドクターライセンスを持つという経歴の持ち主、変拍子の貴公子、「TSUMUZI」さん率いるバンドのみなさんです。

IMG_20180407_161809.jpgDSC_0898.JPG

毎年桜の咲くころ、華麗な指さばきで変拍子を熱く弾きこなすTSUMUZIさん、ことしもとてもエキサイティングな音楽を披露してくださいました。

作曲家でもあるTSUMUZIさんオリジナルの「鮮血のマキューシオ」「Muchacho de la Noche」「夢塚」「嵐を呼ぶ男」など、そして一度は耳にしたことのある名曲「なごりゆき」「さんぽ」「愛の挨拶」・・・。変拍子に変え、タイトルも変えてしまったという「俺のリベルタンゴ」「情熱の五大陸」などなど どれもみな、みごとなリズムです。

繊細なギターを奏でる「侑人(Yu-to)」さん。いつもご一緒に演奏されることが多いそうです。

存在感抜群 ウッドベース「野々村 拓」さん。クールな低音を響かせます。

フラメンコダンサーの「伊集院史朗」さん。今回はパーカッションも披露してくださいました。

アンコールではオリジナル「二月二十六日のタンゴ」。雰囲気たっぷりのメロディーに伊集院さんがダンスを舞い 会場は大きな手拍子、大盛り上がりです。

048.JPG

「また 来年、春にお逢いしましょう」と美術館を後にしました。カッコイイですね~♫

060.JPG

お集まりくださいましたみなさま、変拍子の旋風をおこした「TSUMUZIさん、バンドの皆さん」ありがとうございました。

♫ 次回のコンサートは・・・ ♫

5月26日(土)16:00~

「METEORE メテオール」 ピアノと2台のヴァイオリン

どうぞお楽しみに。