プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2018年1月
« 12月  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

‘NEWS’ カテゴリーのアーカイブ

美術館ミニコンサートのおさそい♫


こんにちは。梅雨が明けたらいきなり猛暑です。熱中症にはくれぐれもお気を付け下さいね。

さて 毎度好評をいただいておりますミニコンサート、一度お知らせしておりますが まだ若干空きがございます。迷っている方はぜひ早目のご予約をお願い致します。(いつもコンサート近くになりますとお申し込みが殺到してしまい残念なことにお断わりをしております)

♫ 三味線・箏(こと)演奏会 ♫

演奏者 田邉雅震翠(たなべ がしんすい)

 日時 平成25年7月20日(土)午後4:00~5:00

 美術館ラウンジ内

 コンサートは無料です。但し絵画展示室は通常の料金をいただきます。

ご希望の方は直接 または電話・メールでお申し込みください。☎049-223-9511

おまちしております。


美術館ミニコンサートのお知らせ


こんにちは。

第5回ミニコンサートのご案内です。

♫ 2013年7月20日(土) 午後4:00~5:00 ラウンジにて

♫ 三味線・箏演奏会  演奏は田邉雅震翠(たなべがしんすい)氏による三味線と箏の演奏。

                曲目・・・涙そうそう 他田辺.JPG

 

♫ コンサートは無料です。展示室入場は大人300円、高・大学生は200円頂戴いたします

♫ 先着70名様  ご希望の方は直接またはお電話または、このページ右下の「お問い合わせ」からEメールでご応募下さい

  ☎049-223-9511(ヤオコー川越美術館・三栖右嗣記念館)

皆様のご来館をお待ちしております


韓国から建築学科の学生さんご来館!


韓国集合写真.JPG6月15日(土)初夏の日差しが照りつけるなか、開館と同時に、50名を超える韓国の建築学科の教授や学生の皆さんが来館されました。

韓国ツアー.JPG日本語に堪能なツアーコンダクターの方の通訳で美術館をご案内しました。皆さんは2泊3日の予定で、日本の話題の建築物めぐりをされているそうで、昨夜はホテルに帰ったのが22時。日程の2日目の今日は、このあと、目黒天空公園、国立新美術館、お台場などを回り、明日もまたギッシリのスケジュールだそうです。そんななかに、当美術館も選んでおいでいただき、本当にカムサハムニダ! byうたむら


水墨画界の第一人者、王子江先生ご来館


「水墨画界の巨人」と云われ、中国人画家で日本在住の王子江(おう すこう)先生が5月12日(日)、当美術館にご来館されました。

約1時間 三栖右嗣先生の絵画をご鑑賞され「一つひとつの絵に画家の意思が込められていますね」と称賛されました。その後伊東豊雄先生設計の建物にも感動されておりました。お話を伺った先生の印象は、謙虚で優しさに満ちた素晴らしいお人柄でした。   (写真中央が王先生)

王先生①.JPG

先生は常々「私は、各地で写し取った人々の心を 進化し続ける水墨画の世界の中に表現していきたいと思います。そして、それは確実に次世代に繋がっていくことでしょう」とおっしゃっています。ご来館記念の色紙にも気軽に応じていただき、素晴らしいお言葉をいただきました。王先生色紙.JPG

水墨画界の第一人者として、これからもご多忙とは思いますが、健康に留意されてご活躍をお祈りしています。王子江先生、ありがとうございました。

                  by マネージャー宇多村


『日本の美術館ベスト150 完全案内』に掲載されました


書籍画像.jpg

「アートなミュージアムへようこそ」  のサブタイトルの通り

全国の美術館がエリア別に編集されていて、とても見やすくできています。

当館は61ページに掲載されています。

A5サイズで携帯にも便利!

お値段も手ごろな ¥580

「ぴあ」から、全国の書店、コンビニエンスストアなどで発売中です。


地元国会議員 小宮山泰子様ご来館


4月6日(土)地元選出の衆議院議員 小宮山泰子様がご多忙の合間を縫って、新河岸川の桜祭りにご出席の途上、昨年のオープン時以来二度目のご来館をされました。昨年のご来館時三栖先生の写真をご覧になって、「あら、この方はわたしの父の肖像画を描いていただいた人ですよ」と、その偶然にびっくりされておられました。3月18日に展示替えされた、「春から夏への季節変化」をテーマにした絵画を熱心にご鑑賞いただき、お帰りになりました。

小宮山先生、ご来館ありがとうございました。小宮山先生.JPG

 


薩摩琵琶コンサート、日本の音を楽しみました


3月30日に、薩摩琵琶奏者、川嶋信子さんによるミニコンサートが開かれました。川嶋さんは、役者として舞台やCMに活躍されていましたが、日本の音に惹かれる自身に気付くうち、やがて薩摩琵琶と出会い、厳しい修行を経て、今ではその演奏に精力的な活動をなさっています。

琵琶3.JPGこの日のプログラムは、~春によりそう音~と銘打ち、平家物語より、「祇園精舎」、「敦盛」。それに、西行の「和歌二題」、童謡「花かげ」の、四つの演目でした。琵琶.JPG

楚々たる川嶋さんからは想像もできない、重厚な野太いとも思える低い声に、はっと息をのみ始まった「祇園精舎」。高く低くうねる声と、弦のふるえ、撥の響き、観客の皆さんは、息をひそめ聴き入るばかりでした。琵琶2.JPG

ぜひ、またのコンサートを持ちたいと思っております。どうぞご期待ください。

 

 


30日コンサート当日のカフェのお知らせ


3月30日(土)、薩摩琵琶コンサートがございます。会場準備のため、誠に勝手ではございますが、当日のカフェの営業時間は15:30にて終了させていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。


3月19日より春の展示が始まりました


500号と150号の爛熳をはじめ、今回は花を描いた作品が多く展覧されています。「夜明けの薔薇」「水辺牡丹」「RABABと花」「リラ」「光る海」「コスモス」「桜」「田園五月」「北国春景」「野の花」「薔薇」、それに枯れたひまわりが首を垂れた「冬野」、青年が黄色い花束を手にし、胸に紫の小花を挿した「ナガールの青年」と、15点ございます。館内はたいそう華やいでいます。

大作の「麓郷早春」「富良野風景」、さわやかな青年男女の「室内」、それにもちろん「老いる」「生きる」も見逃せません。「林檎」もあります。

三栖絵画が皆様をお待ち申し上げます。


伊東豊雄先生、プリツカー建築賞受賞


世界の建築界で最も権威ある賞の一つといわれ、建築界のノーベル賞ともいわれるプリツカー建築賞を伊東豊雄先生が受賞したという素晴らしいニュースが、今朝入ってきました。伊東先生の代表作は、横浜市の「風の塔」、仙台市の「せんだいメディアテーク」、陸前高田市など被災各地の集会所「みんなの家」などですが、わたしどものヤオコー川越美術館も、伊東先生の作品です。これらの卓抜した建築物を40年にわたり作り続けて来た業績が、受賞の理由です。伊東先生本当におめでとうございます。

伊東先生と井上さん.JPG