プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2018年1月
« 12月  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

‘NEWS’ カテゴリーのアーカイブ

伊東豊雄先生、プリツカー建築賞受賞


世界の建築界で最も権威ある賞の一つといわれ、建築界のノーベル賞ともいわれるプリツカー建築賞を伊東豊雄先生が受賞したという素晴らしいニュースが、今朝入ってきました。伊東先生の代表作は、横浜市の「風の塔」、仙台市の「せんだいメディアテーク」、陸前高田市など被災各地の集会所「みんなの家」などですが、わたしどものヤオコー川越美術館も、伊東先生の作品です。これらの卓抜した建築物を40年にわたり作り続けて来た業績が、受賞の理由です。伊東先生本当におめでとうございます。

伊東先生と井上さん.JPG


開館一周年記念販売


「これは薔薇ではない、わたしが流した赤い涙の塊だ」と嘆く男の言葉がありましたが、暗い森と朝焼けの空を背景に、ひそやかにおかれた白薔薇は、どんな心を表しているのでしょうか。

コスモス、リラ、アマポーラ、牡丹と、花の心をうつしとる三栖絵画の中でも白眉の「夜明けの薔薇」がスカーフになりました。

柔らかい絹の風合いは、貴女のさまざまなシーンを美しく演出します。サイズは約92センチ角、シルク100%、Made in  Japan, miss c,のサイン入り、価格は一枚12,600円。

美術館に額装したスカーフを展示してあります。

すかーふ 3.JPG

 

 


春の展示替えのお知らせ


3月19日より、新しい展示が始まります。

開館一年目を迎えまして、2度目の展示替えを行います。500号の「爛熳」「老いる」など、お客様にご好評をいただきました作品は継続展示をいたしますが、春夏の「麓郷早春」「富良野風景」「北国春景」「リラ」「田園風景」「光る海」などが新たに加わります。


♫ ミニコンサートのお知らせ ♪


こんにちは。

おかげさまで美術館も無事 開館一周年を迎えます。たくさんのご来館ありがとうございます。一周年を記念いたしましてミニコンサートを開きます。

皆様のご来館、おまちしております。

♫ 2013年3月30日(土) 午後4:00~5:00 ラウンジにて

♫ 薩摩琵琶演奏 主な演目・・・敦盛~「平家物語」より・・・ 他

  演奏は川嶋信子さん。ラウンジの「爛熳」のまえでキャリア充分の琵琶奏者による名演奏をお楽しみください

♫ コンサートは無料です。展示室入場は大人300円、高・大学生は200円頂戴いたします

♫ 先着70名様  ご希望の方は直接またはメール、電話でご応募下さい。

  ☎049-223-9511(ヤオコー川越美術館・三栖右嗣記念館)

お分かりにならない点がございましたら、美術館までご一報ください。川嶋さん1.JPG

 


テレビ放映のお知らせ


みなさんこんにちは。いよいよ当美術館がテレビデビューいたします。

BS日テレBSデジタル放送4チャンネル)

  番組名    <ぶらぶら美術・博物館>

  放送日時  2013年 3 月 5 日(火) 夜 8 時 ~ 9 時

 

山田五郎さん、おぎやはぎさん、相沢沙世さんと共に美術館スタッフ平井が三栖ワールドをご案内いたします。

その他に川越の街もご紹介いたします。見ごたえのある番組ですのでぜひご覧になってください。どうぞお楽しみに!!ハガキ表2.JPG


<新刊案内>川越百の顔


72ffd1bb615ea7074352c7689d84b0cd-225x300.jpgこの度、「川越市市制施行九十周年記念」事業の一環として、「川越百の顔」が刊行され、当館でも販売しています。是非ご来館の際お買い求めください。

 川越は「人間のまち」です。優れた歴史があり、文化があります。そしてその文化が開花した江戸がそのまま川越にいきています。江戸市民の息づかいまで聞こえてくるような、そんな素晴らしいまちを創りあげてきた人達が紹介された素晴らしい本です。ご一読をおすすめします。2,100円です。


<伊東建築塾による「子ども建築塾」開催>


593a695384e0c042a9c760550f5121ea1-300x225.jpg当美術館を設計くださった伊東豊雄先生が主宰されている 伊東建築塾 による「子ども建築塾」が1月12日(土)に当館で開催されました。

 今回は、「まちの建築」の事例として、当館の見学と、川越まち探検が行われました。今年度前期の「いえ」の授業で培った能力を生かしながら、後期ではまち全体を考えて設計することを目標にされているそうです。

 当日伊東先生も来館され、みずから小学生から大学生までの塾生に熱い指導を行われました。

今回を含め10回の「まち」の授業の公開発表会が下記で行われるとのことです。                                 塾生の1年間の学びの集大成をご覧にお出かけになってはいかがですか。

「子供建築塾」 2012年度後期 公開発表会

日時 : 2013年3月9日(土) 14:00~16:00                                                  場所 : 美竹の丘2階 多目的ホール(東京都渋谷区渋谷1丁目18-9)                                    講師 : 伊東豊雄、太田浩史、村松伸 (敬称略)                                                   定員 : 100名 入場無料(事前申し込みは要りません)

詳細は後日 伊東建築塾ホームページに掲載されるそうです。                                            URL : http://itojuku.or.jp/


あけまして おめでとうございます


a02c20652409c38f4822687eb120ccfd2-300x200.jpg皆様、新年明けましておめでとうございます。  
   
当美術館は、1月2日(火)から営業いたします。  
   
昨年3月11日にオープンし、多くの皆様方にご来館いただきました。  
   
スタッフ一同、心から御礼申し上げます。  
   
今年も、ご来館者に「おもてなしの心」で接し、居心地の良い美術館を目指して  
   
運営して参ります。当館は、素晴らしい三栖右嗣先生の絵画と、伊東豊雄  
   
先生設計の建物の他に、ミニコンサート等の楽しい催しも実施致します。  
   
本年も皆様のご多幸をお祈りいたしますとともに、沢山のお客様のご来館を  
   
お待ち申し上げます。  
   
ヤオコー川越美術館(三栖右嗣記念館) スタッフ一同

初春に六曲屏風「紅梅図」を!


皆様、今年はヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館にお越しいただきまして、誠にありがとうございました。本年の展示は12月28日をもちまして終了いたしました。新年は、2日午前10時より開館いたします。初春を寿いで、超大作の六曲屏風「紅梅図」を展示いたします。

 大版画が日本で黎明期を迎えたころ、三栖右嗣が自ら工房に出向き、石版石の上に直接絵を描き仕上げた、完全なオリジナルリトグラフ作品です。有名なリンゴシリーズの後に続く作品で、皆様に是非ともご覧いただきたい三栖作品の一つです。

  緋毛氈の上の屏風絵からは、馥郁たる梅の香りがただよってまいります。どうかご来館のうえ、ご鑑賞下さい。

f02f157744a25089aeae715ac8e89340-300x225.jpg


【新年は1月2日から開館いたします】年末・年始休館のご案内


948c309994281759f1b7094c08f45a9213-e1355544648855-300x237.jpg当美術館は、12月29日(土)~1月1日(火)の間、休館とさせていただきますので、ご了承ください。

今年3月にオープンし、多くの皆様方にご来館いただきました。三栖右嗣先生の絵画と、伊東豊雄先生設計の建物に感動していただきました。また、ミニコンサートにも多くの方々にご参加いただきました。ヤオコーのお店と同様に、スタッフ一同でお客様には「おもてなしの心」で接し 居心地の良い「楽しい美術館」を目標に、運営して参りました。

来年は、重要なオープン二年目として また新たな気持ちで皆様方に、喜んでいただける美術館目指して頑張りますので、どうか来年もご愛顧のほど よろしくお願い申し上げます。皆様、まずは今年一年ありがとうございました。

    ヤオコー川越美術館(三栖右嗣記念館) スタッフ一同