プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2017年10月
« 9月  
        1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

ギターデュオコンサート受付終了のお知らせ


3月28日(土)に開催いたします『ギターデュオコンサート』はお陰様をもちまして定員になりましたので、お申し込み受付を終了させていただきます。

たくさんのお申込み、ありがとうございました。yjimage[10].jpg

なお、4月以降のミニコンサートは随時受付しております。お申込みお待ちしています。

      ♬ ミニコンサート予定 ♬

    4月25日(土)    マンドリンコンサート [アンサンブル風香]

    6月27日(土)    ギター・フルート・オカリナ・朗読

    8月22日(土)    三味線・琴・尺八コンサート  [田辺 明 ほか]

    10月24日(土)    薩摩琵琶 [川嶋 信子]  

    11月14日(土)    ソプラノコンサート [森 陽子]


小さな楽器で大きな感動を・・・♫


みなさん こんにちは。

美術館のクリスマスローズが咲きはじめ春はもう近くまで来ています。

2月21日(土)ミニコンサートが開催されました。早くからたくさんのお申し込みがあり今回も大変盛り上がりました。

「アミカル」というオカリナグループ 13名のみなさんに演奏をしていただきました。「オカリナ」という小さな楽器は、やさしく掌でつつみ、美しい音色を奏でます。

オカリナ3.JPGビートルズの「オブラディ・オブラダ」にはじまり、懐メロ、童謡、フルートとのアンサンブル、そして名曲の「コンドルは飛んでいく」 アンコールはフルート、キーボードを加えて「ラデツキー行進曲」で盛り上がりました。一曲ごとに詳しい解説を交えながら、楽しく 心地よい音楽で空間を包み、お客様には大きな感動を味わっていただけたかと思います。

オカリナ4.JPG

「アミカル」のみなさん、美しい感動のハーモニーをありがとうございました。 

会場を盛り上げて下さったお客様、ありがとうございました。

次回、3月28日(日)はギターデュオ「Healing Art」のお二人です。心癒されること間違いなしです♫ 残席わずかです。お早目のお申し込みをおすすめいたします。

**お知らせ** 3月17日(火) 美術館春の展示替え ~めぐりあう人 めぐりくる季節~ 詳しくは次回 お知らせいたします。ご期待ください。

みなさまのお越し、お待ちしております。

                             by わたなべ


✍ お客様の声より✍


     美術館の『お客様の声』のノートも3冊目となりました。

      昨年末からの「お客様の声」を掲載いたします。yjimageCAU90A85.jpg

✿「この美術館に思う」絵画は自然を愛で感嘆して創造する人、それを愛で賞讃する人の関係で成り立っているのですね。それにしても、ヤオコーの創業者の川野トモさんが手にされた、三栖画伯の一枚の小さい絵から始まった物語も感動です。創る人、観る人、育てる人で、芸術の世界が育てられているということでしょうか。   T様

 

✿建物の外観がまず美しく、ずっと来たいと思っていました。展示も素晴らしいです。「爛熳」が生で見られたのは嬉しかったです。じっと見ていると、立体的な奥行すら感じられて来て、圧倒されました。イベント等でも、また来たいと思います。   A様

 

林檎リトB.jpg✿リンゴの絵に惹かれて観に来ました。木から落ちても尚、力強い生命力を畜えているリンゴの姿に圧倒されました。私も時々絵(色鉛筆で)を描きますが、リンゴを描くことがとても好きです。次回は、今までとは別の感性を持って描けるような気がします。素晴らしい影響を与えて下さり、ありがとうございました。   E様

 

✿ものすごいデッサン力に圧倒されました。あれこれ絵を見ながら、思いにふける貴重な時間をすごしました。お茶、とてもおいしかったです。甘味程々、素朴で。   Y様

 

✿長野より息子と来ました。リンゴに見慣れていますが、迫力あるリンゴはやはりすばらしいですね。大好きです。息子が気に入ったと言った絵が、亡くなった父と同じ、白いバラの絵でした。笑ってしまいます。感動をいただき、ありがとうございました。   M様

 

✿広島から来ました。すごいです。画集は、以前送っていただいてみていましたが、本物の迫力はすばらしいですね。生きとし生ける物、生命そのものを絵から感じます。ありがとう!! 少しでも近づいていきたい。絵を追います。   H様

 

✿真実と向き合う勇気を、教えて下さっていると思いました。一方で、自然のもつ美しさと比べると、人の命のはかなさを思います。人はなぜ年老い死ぬのか、その疑問もなげかけているようです。   Y様

 

 

 

           


♫ 第17回 美術館ミニコンサートのご案内 ♫


美術館ミニコンサートのお誘いです。

今回は、ギターデュオ『HealingArt』のコンサートです。                    yjimageCA18YA82.jpg

HealingArtのお二人は、ギターが少しでも音楽を通して人の幸せの手助けができれば...聴く方々の思い出や心情に重なり、心の琴線に触れ感動していただけるようなギターサウンドを目指して医療関係、学校・教育関連での演奏、NHK出演など多岐にわたって活動されています。

HealingArt.JPG

アコースティックギター2本のアンサンブルで自然の風景、人の優しさや切なさ...そんな情景や心情の見えるハートフルな演奏をお楽しみください。

  ~ 素敵な音色に心癒されてみませんか!! ~

 

     入 場  先着80名様   お早めにどうぞ

     予約方法 ご希望の方は、直接または電話、メールにてご予約 

             ☛メールは、このページ右下の「お問い合わせ」からどうぞ             

     日  時  平成27年3月28日 土曜日

             午後4時から5時

     場  所  ヤオコー川越美術館(三栖右嗣記念館)ラウンジ内

     入場料  ラウンジ内(コンサート)は無料です。

           【但し、絵画展示室入場者は通常料金をいただきます。

            ※大人 300円  中人(大学生・高校生) 200円 】

                    ☎049-223-9511

                                             (ヤオコー川越美術館・三栖右嗣記念館)

                    皆様のご来館お待ちしております・・・・・・

yjimage[9].jpg

 


新春を寿いで 紅梅図屏風


新年 あけまして おめでとうございます

新春の2日より、三栖右嗣渾身の大作、六曲屏風「紅梅図」を展示いたします。

紅梅図.JPG

 この作品は、1984年の赫陽展に出品されたもので、元渋谷区立松濤美術館館長の村瀬雅夫先生は、当時の美術評に次のようにしるされています。部分を抜粋してご紹介いたします。

 雪の多かった遅い春にさきがけ、満開の紅梅の春にこころゆくまでひたらせる力作が登場している。

 三栖右嗣の六曲屏風「紅梅図」で、現代油彩画の実力者が試みた巨大版画と、現代装飾様式への挑戦の成果に目をみはらせよう。

 畳一枚分を楽々刷れる世界最大の版画工房が日本に誕生して以来、巨大版画に手を染め、白と黒だけの「リンゴの木」などを試みてきた三栖は、今度は亜鉛版の腐食による濃淡の水墨調の枝幹に、燃え上がるような紅梅を散らした。一見水墨風で、余白は和紙の白のまま、日本画の伝統的な装飾手法の金砂子も使われた。華やかな装飾感とともに、現代日本画では絶えかけている線と濃淡余韻といった日本美術のよき特色が、いともやすやすと現代油彩画家の手によって版画という手法に生かされている技法革新は大きな驚きだろう。

どうぞ、この春も、ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館にお運びくださいませ。

 

 

 


【所蔵作品画集】通信販売を行なっています


ef9888ca42c2aa06772c88ebb092d7081-248x300[1].jpg

開館以来ご好評を頂いおります「開館記念画集」(207頁:販売価格3,000円)を
ご希望の方に通信販売しております。
150点以上ある当館収蔵の作品をすべて掲載しています。
プロフィールはもとより、元渋谷区立松濤美術館館長 故 村瀬雅夫氏の論評も
掲載している、三栖右嗣を知るには欠かせない一冊です。

ご希望の方はお電話 TEL 049-223-9511
または、当ページ右下の 「お問合せ」 からEメールにてご連絡ください。


年末年始の休館日のお知らせ


2014年12月29・30・31日 2015年1月1日は美術館は休館いたします。

2015年1月2日(金)より平常通り開館いたします。

よろしくお願い申し上げます。

(2014年12月7日)

三栖先生1.JPG

ヴェニスにて三栖右嗣画伯


下山英二さん色につつまれて ♫


みなさん こんにちは。

いつもブログを愛読いただきましてありがとうございます。

12月14日(日) 寒い寒い冬の日 『下山英二さん』の優しいピアノの音色に美術館はつつまれました。

  下山さんお客様.JPG

美術館オープン時から毎年演奏をお願いしています。今年で3回目。下山さんは朝早く奥様とともに三島を出発して 川越まで来てくださいます。そして蔵の街で昼食を楽しみ、夕方からのコンサートに向けて準備を進めます。何度も何度も音の響きをチェックし、最高の音色をお客様に届けてくださいます。

今回のコンサートではシンセサイザーを使いいろいろな音を楽しみました。琴の音で「さくらさくら」、ギターの音で「イエスタディ」、きれいなお姉さんの奏でるバイオリンの音色・・・。みなさんで歌った「見上げてごらん夜の星を」はとてもきれいでした。 

最後は心がせつなくなった 「花は咲く」。 きっとみなさんの心にも下山さんからの暖かいメッセージが届いたことでしょう。

下山さん笑顔.JPG下山さんピアノ2.JPG 

夜空のきらめきとともに 今年最後の美術館ミニコンサートは幕を閉じました。

 下山英二さんご夫妻、お集まりくださいましたみなさま、ありがとうございました。また来年 美しい音楽とみなさまにお会いできることをスタッフ一同楽しみにしております。    by わたなべ ♪


ピアノコンサート受付終了のお知らせ


12月14日(日)開催 『下山英二 ピアノコンサート(キーボード)』はお陰様で定員に達しましたので受付を終了いたしました。

たくさんのお申込み、ありがとうございました。


魅惑のマンドリンにさそわれて・・・。


みなさま こんにちは。

12月に入り2014年もカウントダウンがはじまりました。一日一日があっという間に過ぎ去ってしまい、「今月、はやっかたね~」から「今年もあっという間!!」にフレーズが変わりました。

美術館ミニコンサート 14回目を11月30日(日)に開催いたしました。今回は26名さまでのマンドリン・ギターの演奏でした。

マンドリン1.JPG

群馬県から「大泉マンドリンクラブ」の皆様にお越しいただきました。ラウンジの『爛熳』の前に並んだ演奏者の皆様はおそろいのエレガントな衣装に身を包み、とてもよく映えましたよ。そしてリーダーの森御夫妻のトークはお客様の笑いを誘い、とても進行がお上手でした。プログラムはよく耳にする曲を選んでくださり会場からは自然にハミングがきこえていました。今年大ヒット曲「レット・イット・ゴー」は小さなお子様が踊ってノリノリ ♫ ♪ ♫

マンドリン5.JPG

演奏者と会場、そして美術館ががひとつになったとても魅力的なコンサートでした。

「大泉マンドリンクラブ」のみなさま素敵な時間をありがとうございました。

さて、今年最後を飾るのは・・・

12月14日(日) 3度目の登場!!キーボード奏者「下山英二」さんにやわらかな癒しの空間を奏でていただきます。こちらはお席残りわずかとなっております。お早目にお申し込みください。

みなさまのお越しをお待ちしております。

                              by わたなべ


10 / 10 « 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
TOPへ戻る