プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2018年1月
« 12月  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

‘日記’ カテゴリーのアーカイブ

もうひとつのアート


みなさま、新年あけましておめでとうございます。

本年も ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館をどうぞよろしくお願いいたします。

「もうひとつのアート」

PC261956.JPG

モノクロームの世界を感じさせるこちらの画像は スタッフがある日の午後、当館ラウンジの壁に映ったカフェの様子を撮影しました。

周りを囲む池の水が太陽に反射し、素適なひとコマを生み出しました。

今年も2日から開館しております。

氷川神社でのお参りの後、新春をぜひ 三栖右嗣の絵画と伊東豊雄の空間でお過ごしください。美味しいコーヒーと、抹茶 おはぎが皆さまをお待ちしております。

 


♫ 「銀の舟」にゆられてー 下山英二


みなさま、こんにちは。

今年最後の美術館ミニコンサートは毎年恒例の 下山英二さん。

12月17日(日)夕刻、グランドピアノの美しい音色がラウンジに響き渡りました。「レクイエム」という曲でスタートです。鐘の音がこころを鎮めこれから始まる美しい奏でを導いてくれているようです。

PC171938.JPG

下山英二さんは美術館開館以来 毎年この「爛熳」の前でコンサート開いてくださっています。今年でなんと6回目。シンセサイザーとピアノをみごとに弾きこなし、お客様を楽しませてくださいます。今回は新譜「銀の舟」からオリジナルの曲を披露してくれました。そして一足早いクリスマスソングも多数。全14曲もの「ミニコンサート」とは言えないほどの素晴らしいコンサートでした。

PC171924.JPG

下山さんの指先は常にキーボードの上。お話をしていても静か~に音を奏でています。軽い冗談も言ったりして会場を沸かせます。

PC171935.JPG

本日のプログラムを軽くご紹介します。

✥ 銀の舟 ・ Autumn ・ 白い恋人たち ・ Have you a little merry christmas ・ Slow Dancer ・ 満月 ・ 糸 ・ 見上げてごらん夜の星を ・ Amazing Grace・・・など。

最後は下山さんの美しいピアノでお客様をお見送りしました。やさしい雰囲気たっぷりのすてきなコンサートでした。お越しのお客様、下山英二さん、ありがとうございました。

PC171932.JPG

今年も一年、たくさんのお客様に可愛がっていただいた美術館。感謝の気持ちでいっぱいです。

来年も今年以上に喜んでいただけるようスタッフ一同がんばります。これからもよろしくお願いいたします。

 

来年のミニコンサートは・・・。

✥ 2018年4月7日(土)16時より・・・変拍子の貴公子「TSUMUZI」さんのヴァイオリン演奏です。どうぞおたのしみに。

 

 

 

 


✥ シダ―ローズのクリスマス ✥


みなさま、こんにちは。日ごとに寒さがまし12月も残すところ半月です。

街はクリスマスムード ♫♫☆ きらきらしています。そこで・・・。

当美術館もクリスマスを意識し、ツリーやリースを飾ってみました!

  PC131919.JPGPC131921.JPG

注目していただきたいのが、飾りに使っている「松ぼっくり」。ちょっと変わった形をしています。これはスタッフが川越市内の公園で拾い集めてきたものなんですが なんと!薔薇の形をしているではありませんか!! 初めて見た―!私たち。さっそく検索してみました。

PC131918.JPG

「シダ―ローズ」といいます。ヒマラヤスギの実の先っちょでした。ヒマラヤスギは高い木で実も高いところになり、風に飛ばされた鱗片はぱらぱらと木の根元に落ち、残った先っちょは固まったままぽろっと落ちます。それが「シダ―ローズ」。お見事な薔薇の形。さっそくツリーやリースに飾りました。ご来館のときはぜひ、ご覧になってくださいね。

そして― クリスマス気分を盛り上げてくれるコンサートのお知らせです。

17日(日)には当館ラウンジにて 下山英二さんのシンセサイザーとピアノ演奏ークリスマスムードたっぷりのコンサートがあります。ぜひ皆さまおこし下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

 


伊東建築塾 子ども建築塾のみなさんが来てくださいました


こんにちは。

台風が2週つづけてやってきて 大変な週末を過ごされたことと思います。被害にあわれたみなさま、お見舞い申し上げます。

そんなお天気の中、美術館では元気いっぱいの子供たちで賑わいました。

美術館を設計された伊東豊雄先生の率いる「伊東建築塾 子ども建築塾」のみなさまが美術館と川越の街の探検に来てくれました。

PA291856.JPG

小さな未来の建築家さんたちは目をきらきらさせて好奇心いっぱいです。いろいろなところをいろいろな角度で見ていました。

PA291847.JPGとくに日頃下ろすことのない第2展示室の照明、通称「UFO」を動かしたら さあたいへん!!まるでアイドルでも登場したかのような盛り上がりです。

PA291851.JPGPA291853.JPGPA291855.JPG

見ている私たちも楽しませて頂きました。子供のパワーは未知です。ホントにすごい!

美術館見学後は また雨の中、川越の街に出かけていきました。

伊東建築塾 子ども建築塾のみなさま、ご来館ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 


美術館に咲いた3輪のお花たち ♫


こんにちは。気持ちの良い秋空が続いております。

9月23日(土) 恒例となりました美術館ミニコンサート、たくさんのお客様にご来館いただきました。

P9231795.JPG

陽ざしの傾いた夕方、モーツァルトのフィガロの結婚「序曲」が美術館ラウンジいっぱいに広がり とても優雅で美しい空間となりました。

演奏は 可憐なお花のような3人のアーティスト。

 ❁ 赤松美紀さん(ピアノ)P9231798.JPG

 ❁❁ 伊藤万桜さん(ヴァイオリン) 小川里奈さん(ヴァイオリン)P9231827.JPG

華やかなドレスが 三栖先生の「爛熳」のまえで音とともに美しく揺れ動き 一つの作品のようです。

プログラムは エルガー「愛の挨拶」 モリコーネ「ニューシネマパラダイス」 葉加瀬太郎「情熱大陸」 

モーツァルト「2台のヴァイオリンのためのデュオより 第一楽章、第三楽章」

ラヴェル「ソナチネ第3楽章」 その他、日本の四季メドレーなどなど・・・。最後はピアソラ「リベルタンゴ」。

とても彩り豊かな、どなたでも楽しめるプログラムでした。3人で時々目をあわせ、にこにこほほえむ笑顔がかわいかったです。

P9231836.JPG

 

時間とともに暗くなるラウンジ、雰囲気は良いのですが演奏家の皆さんには譜面が読みづらく、ご迷惑おかけいたしました。

お集まりくださいましたお客様、演奏してくださいました赤松さん、伊藤さん、小川さん ありがとうございました。P9231834.JPG

 

次回のコンサートは・・・

12月17日(日) 16:00~

この季節、恒例となりました「下山英二」さんのご登場です。シンセサイザーやピアノをお見事に操るミュージシャンです。

どうぞお楽しみに。

 

 

 


心地よい音楽とともに・・・


残暑お見舞い申し上げます。

8月26日(土) ヤオコー川越美術館ラウンジにおいて「フィディアス・トリオ」の皆さんによるミニコンサートを開催いたしました。残者厳しい中たくさんのお客様に上質の音楽を楽しんでいただきました。

「フィディアス・トリオ」は2017年に結成されたヴァイオリンの松岡麻衣子さん、クラリネットの岩瀬龍太さん、ピアノの川村恵里佳さんによる三重奏団です。近現代のレパートリーを軸に独創的な音楽構成と演奏を目指しているそうです。

今回のプログラムはそれぞれの楽器の音色を楽しんでいただけるよう 組んでくださいました。

♫ ゲラルド・フィンジ 5つのバガテル(クラリネット・ピアノ)

  フルート・ピアノ.JPG

♪ アントニン・ドヴォルザーク ジプシーの歌 op.55 第4曲我が母の教え給いし歌(ヴァイオリンとピアノ編)

♫ ベラ・バルトーク ルーマニア民俗舞曲(セーケイ・ゾルターンによるヴァイオリンとピアノ編)

ヴァイオリン・ピアノ.JPG

♪ モーリス・ラヴェル 水の戯れ(ピアノ)

ピアノ.JPG

最後にトリオで

♫ ダリウス・ミヨー クラリネット、ヴァイオリンとピアノのための組曲op.157b

F.P.V.JPG

それぞれの楽器が奏でる美しい音色が、心地よく美術館いっぱいに広がりました。

演奏して下さった「フィディアス・トリオ」のみなさまと、ご来館くださいましたお客様とともに素晴らしいコンサートができました。ありがとうございました。

 

次回のミニコンサートのお知らせです。

✾9月23日(土)16:00より

赤松美紀さん(ピアノ)・伊藤万桜さん(ヴァイオリン)・小川里奈(ヴァイオリン)の3名様による彩り豊かなコンサートをお届けいたします。

どうぞおたのしみに。

 

 

 

 

 

 

 


アガパンサスがいっぱい


こんにちは。

ブログをお読みくださいましてありがとうございます。

美術館の「アガパンサス」

P6281740.JPG

今年は今までになくたくさんのお花が咲きました。

P6281742.JPGP6281743.JPG

どうぞ お花たちに会いに来てください。P6281738.JPG

みなさまのご来館、お待ちしております。


梅雨空にさわやかな奏でを ~ HealingArt ♫


みなさま こんにちは。

梅雨空が毎日つづいておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

6月24日(土)梅雨の切れ間、 「HealingArt」さんによります美術館ミニコンサートが開催されました。今回もたくさんのお客様にお集まりいただき会場は熱気でいっぱいです。「HealingArt」さんは当館のレギュラーアーティスト(?)でお付き合いは長く3回目のコンサートです。

P6241713.JPG

 ♫ HealingArt ♫  倉前太郎さんと矢崎数馬さん、お二人によるアコースティックギターの心癒される演奏。作曲は主に倉前太郎さんが担当。

P6241722.JPG

美術館との出会いは、倉前太郎さんが1通のメールを送って下さったのが始まりです。去年はメジャーデビューもし、さらにご活躍の場が広がり、私たちもとてもうれしく思います。

さて、本日の演奏は最新アルバム「White Promise」をメインに爽やかで心温まる音楽を9曲、奏でて下さいました。そして当館ラウンジに展示してあります三栖右嗣先生の大作『爛熳』をイメージして作られた曲「sayonara」、「ハルノサクラ」2曲も披露し みなさまの心は桜色でいっぱいになったかと思います。音楽の他にここで注目されたのは矢崎数馬さんが使用していた何とも不思議なギターです。

P6241726.JPG

「サイレントギター」というそうです。分解して持ち運ぶこともでき、なおかつお手頃なお値段、と 説明しましたら会場から「おいくらですか~」との声。矢崎さんは「6,7万です。でも、僕が使うと800万になります!」 ・・・ 大ウケでした。

P6241728.JPG

ご来館くださいましたみなさま、「HealingArt」の倉前さん、矢崎さん ありがとうございました。

P6241714.JPG

次回のご案内です。

♫ 8月26日(土)16:00開演 クラリネット・ヴァイオリン・ピアノの美しいハーモニーをお楽しみください。みなさまのご来館をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


♫ 5拍子の伝道師 TSUMUZI 


みなさんこんにちは。ヤオコー川越美術館のブログにようこそ。

桜咲く4月15日(土)、ジャズバイオリニスト「TSUMUZI」さんのコンサートを開催いたしました。

ブログ1.JPG

今回もたくさんのお客様と共に エネルギッシュな5拍子、TSUMUZIワールドを披露してくださいました。TSUMUZIさんのオリジナルはもちろん、去年11月にリリースしました「俺のリベルタンゴ」から、誰もが知っている有名曲を変拍子でカバーするという他に類を見ない、野心的なコンサートになりました。

メンバーをご紹介します。

 ☆ TSUMUZI(ツムジ)ブログ2.JPG 岐阜県出身の作曲家、ジャズヴァイオリニスト。"変拍子の貴公子・5拍子の伝道師"の異名を持つ。都内を中心に精力的にライヴ活動を行い、現在までに3枚のアルバムをリリースしている。都内国立大学の医学部卒という経歴や、オリジナル曲のほとんどが変拍子という音楽性など、あらゆる面において異彩を放つ、今注目の理系ヴァイオリニスト。

 ☆ 侑音(yu_to)ブログ3.JPG ギタリスト、コンポーザー、アレンジャー。様々なアーティストのサポートギタリストとしてステージに立ちながら、歌物からBGM,CM音楽まで幅広い作品を制作している。近年はYAMAHA講師もし、楽器演奏に楽しさ、ノウハウ等を伝える活動も行っている。

 ☆ 野々村拓(ののむら たく)ブログ6.JPG 岐阜県出身。ベーシスト。ウッドベースを河上修氏に師事。Jazzをルーツに都内中心に精力的に演奏活動をしている。

 ☆ 津島周平(つしましゅうへい)ブログ4.JPG 東京都出身。パーカッション、ドラムプレイヤー。ラテン、ジャズ、ポップスまで幅広く演奏し、さまざまなアーティストのサポートで活躍。また音楽教室などのレッスンで音楽の楽しさを伝えるために後進の育成なども行っている。

 ☆ 伊集院史朗(フラメンコダンサー)ブログ5.JPG 19歳の時にフラメンコに出会う。2001年日本フラメンコ協会新人公演にて奨励賞受賞。数々の公演に出演。2014年、現代フラメンコギターの巨匠 ファン・マヌエル・カニサレスと共演。アーティストのレコーディングにも参加している。

 

今回は2度目の登場でしたが、来年また、桜の季節に三栖先生の「爛熳」の前でお会いしましょうと 盛り上がる会場をあとにしました。

ブログ7.JPG

お集まりくださいましたみなさま、演奏してくださいましたアーティストの方々、ありがとうございました。

次回のご案内です。

♫ 6月24日(土)16:00~ 「Healing Art」

 2人のアコースティックギタリストが 極上の癒しの音楽を奏でます。

どうぞお楽しみに。

 

 


優雅な音楽会~コンスタンタ☆


こんにちは。いよいよ桜のシーズンがはじまりましたね!ヤオコー川越美術館は三栖右嗣先生の「爛熳」でいつでも さくらいろ✿です。近くの新河岸川の桜も咲きはじめました。今週末が見どころでしょうか。楽しみですね。

3月25日(土)。すかっりおなじみになりました美術館ミニコンサートが開演しました。

演奏して下さったのは「Constanta☆(コンスタンタ)」のみなさまです。         会場.JPG

「コンスタンタ」とは白い大輪のユリの名前です。その名にふさわしく、とても優雅で美しい音楽を奏でて下さいました。二胡とチェロとピアノという珍しい構成です。

二胡という小さな楽器から奏でられる甘く美しい音色に チェロの重厚な響き、ピアノの滑らかな旋律が程よく合わさりそれはとても美しい音楽の調べでした。披露して下さった曲はオリジナルの「コンスタンタ」「ブルー・ブルー・ブルー」、そしておなじみの曲「桜」「荒城の月」「いつか王子様が」etc・・・。一時間たっぷりとコンスタンタの世界にひたりました。 二胡・チェロ.JPGピアノ.JPG

メンバーのご紹介です。

 ♫ 渡嘉敷かおる : 二胡  短大在学中より様々なコンサートツアー、ミュージカル、レコーディングに10年間コーラスとして参加。2000年より二胡の甘く美しい音色に魅せられて習い始め現在に至る。これまで多くの著名な演奏家に師事。日本二胡学会会員。二胡検定7級。

 ♫ 笹崎由紀子 : チェロ  桐朋学園大学音楽学部卒業。子供のための音楽教室、専修大学オーケストラの講師、名古屋フィル、東京オーケストラ参加。その他著名な音楽家のアルバムをリリース。現在 フェスティーボ(古典音楽)ポコ・ア・ポーコ(音楽療法)他に所属。

 ♫ 林きらら : ピアノ  東京芸術大学音楽学部作曲家卒業。委託作品・グループ自主公演、合唱曲集等の作編曲活動を続ける一方、故篠原敬介氏の作曲アシスタントを務め映画やミュージカルの音楽制作参加やオーケストレーションの経験を積む。合唱や室内楽の伴奏者としても活動中。

お集まりくださいましたたくさんのお客様、コンスタンタのみなさま素敵な時間をありがとうございました。コンスタンタ.JPG

さくら咲く季節、ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館で大作「爛熳」とともに お花見をお楽しみください。スタッフ一同お待ちしております。

 


1 / 16 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11