プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2017年3月
« 2月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

✍ お客様の声より ✍


こんにちは。 秋からこの3月にかけてご来館いただいたお客さまからの『声』を掲載いたします。

 

✎ 中世の城郭建築を想わせるペンタゴン様式が気に入りました。天井のドーム、パンティオン、アチー型のアラブ様式、ゆったりできました。リアリズム絵画、構図がおもしろかったです。おはぎが食べがいがあり、おいしかったです。   男性:63歳

 

✎ ヤオコー美術館の存在を初めて知りました。今回の「私の友、私の家族--人物画が語る人生の輝き」展の圧倒的なパンフレットによって、一瞬にして射抜かれた様でした。すごい描写です!! 時々見に来させて頂きます。〈全てのものに"いのち"が宿る〉という作者の言葉にも、感銘を受けました。パンフレットありがとうです!!   Y様

 

✎ 札幌から来ました。川越に来る目的の八割がこの美術館でした。川のほとりの立地も素敵です。建物の近代的な感じと、絵に宿る普遍的な心のミスマッチが、なぜか心地良いです。   T様

 

✎ 川越にこのような場所があるのを知ったのは、つい先日のことでした。照明デザイナーの特集での1シーンでこの美術館が映りました。照明に惹かれて伺いましたが、目にする作品全てがすばらしく感動しました。すてきな出会いに感謝致します。

 

✎ 明るい冬の陽差しの中、初めて、この美術館に姉と妹の3人で訪れました。建物の素晴らしさ、もちろん初めて拝見させていただいた三栖さんの絵、とても優しさを感じ、題材も心打つものが多く、ゆったりと落ち着いた時を過ごしました。特に花が好きなので、桜もコスモスも感動の一枚でした。東松山在住ですので、また伺う時を楽しみにしています。いい一日でした。

 

✎ 「人物」、中国の子供 ― 壁が広く描かれていて、少年が一人こちらを見て立っている。何を言おうとしているのか ― ハッとする。心に食い込む。 「オホーツク」、廃木造船とカモメたち、鳥と海の色。よくこういう場面に出会え、それを描けたものだ!と感動。色彩のトーンがすばらしい。この船を作った人、乗っていた人たちは、今はもう居ない。   I様

 

✎ 2度目の来館です。今日は家族で来ました。今回初めて目にする作品もやはり素ばらしいものばかり。特に「秋日」はあざやかで一番目を引きました。落ち着いた雰囲気で、又ゆっくりと過ごさせて頂きました。ぜひ次回も、みんなで来たいと思います。   M.Y様

 

✎ 久しぶりにゆったりと時間を過ごすことが出来ました。画面の中にある優しい気持ちと、美しい色彩に心が安まる気がしました。コンパクトな中に、異なる環境が広がっている「さすが」な素晴らしい建築でした。   S様

 

✎ ふらっと建築と絵を観て帰るつもりでしたが、美術館の前の道路が工事中で中に入れませんでした。困って美術館に電話したら、別の駐車場まで、館長さんが案内してくれました。(私の車に乗車して...(笑))館長さんは美術館の案内と楽しい話をたくさんしてくれました。素適な建築、絵画、そして素適な人と出会うことができたとても良い一日になりました。人間力をみがいて、素適な建築家になります。   K様

 

✎ 久しぶりに美術館を訪れ、心休まる時間を過ごすことができました。大学時代に学んだ技法で、細かい描写で描かれた三栖作品は、自然・人物・静物をみごとに色で表現されていて、視覚と心に響きました。   K.O様

 

✎ 正直、日本で有名な画家でも、琴線に触れるような、魂に響く作品には、ほとんど出会えません。ですが、コントラストが鮮明で力強い三栖氏の作品を拝見して、日本も捨てたものではないと思いました。ありがとうございました。   R様

 

✎ 大学受験の間、心の支えになってくれたのがこの美術館、そして館長さんでした。あいにく本日はいらっしゃいませんでしたが、大学で悩みがあったらここに来て、伊東豊雄さんの建築のパワーと、館長さんに相談して得られる安心感をもらいます。また来ます!!   T様

 

✎ 一度来館したことはあったのですが、今回はひとりできました。前に来たときよりも落ちついて絵画を見ることができ、その繊細さに心をおちつかせることができました。中学校3年間のよいしめくくりと、高校へのスタートをきることができたと思います。   K様

花.JPG

 ✎ なかなか美術館は行かないのですが、落ち着いた雰囲気としゃれた建物の造りがとても良かったです。絵をじっくり見ると落ちつくなと思いました。忙しい日々の中、こういう事も良いなと感じました。   春から高校生 男子

 

✎ ヤオコーのチラシで美術館のことを知り、一度来てみたいと思っていました。今日近くまできたので寄りましたが、とても静かで落ち着いたふんい気の中、1つ1つの絵がすばらしく感動しました。枯れた植物や使われなくなった船、年をとった人の身体などきれいと言えないモチーフを品良く描いているのに驚きました。どんな物の中にも物体の美しさがあるのだと知りました。今日ここに来られたことをうれしく思います。幸せなひと時でした。