プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2016年11月
« 9月   12月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

2016年11月17日 のアーカイブ

✍ お客様の声より ✍


みなさんこんにちは。

暑かった夏から、展示替えを挟んでこの秋にかけて美術館にご来館いただきましたお客さまからの『お客様の声』を掲載いたします。遠方からも多くのお客様にご来館いただきました。ありがとうございます。

 

❀ 弟に連れられて、初めて立ち寄りました。コンクリートの床や壁で、少しひんやりとした無機質な空間の中に、生命の強さを感じられる絵が飾られているそのギャップが、とても素敵だと感じました。2部屋目の真ん中のソファーと絵までの間隔が、ちょうどよく見やすい距離で良かったです。    K様

 

❀ 色使いがきれいな上、風景画と人物画が両方上手!桜の一つ一つの花がていねいに描かれてあって、とても優しい人が描いた絵だとおもいました。気に入りました。

 

❀ 光の落ち方がきれい。住宅街に建っていながら、美術を展示するスペースとしてのボリュームを感じました。良い空間です。

 

yjimageCAP15UZF.jpg❀ いつも通勤で横を通るのですが、ずっと中が気になっていました。今日も仕事帰り、たまたま早上がりで帰ると、入り口に「open」の文字!! すぐ入りました。ポストカードの色彩とコントラストに目が行き、時間ギリギリでしたが、ガマンできず中へ...。私が今見たかった作品がそこにありました。素晴らしい出会いに感謝です。   M.S様

 

 ❀ 「海の静物」「早春」「村の教会」「光る海」、とがった気持ちをなだらかにしてもらったり、「海の静物」の力強い生命力あふれるタッチに、何故か涙があふれて止まりません。「光る海」の透明感は、すがすがしい清らかな落ちついた気持になります。川越、車ですぐにかけつけられる美術館があって、幸せに思います。「ありがとうございます」    K様  

        

 ❀ ここの絵が本当に好きで、無性に訪れたくなる美術館です。絵を観て、コーヒーを飲んで、全部で1時間も居ないのですが、何かがリセットされたような、スッキリとした気持ちになり、心が穏やかになるのを感じます。また来ます。   福岡市 H様

 

 ❀ 「ぶらぶら美術館」で見てから、ずっと来たかったので来られてうれしい。川越のお友だちを誘ってきました。三栖さんの絵をじっくりみたのははじめてですが、リアルなタッチの中にロマンを感じ、絵の中にすいこまれていきそう。桜はすごいし、ひまわりも!お母さん絵画は、人が生ききるというすごみを感ぜずにはいられません!また来ます~♡   仙台市 S様

 

 ❀ 本日のランキングベスト8   1.落日の牧場  2.或る友の肖像  3.アトリエにて  4.晴れた日  5.秋の静物  6.キッツオ爺さん  7.釧路郊外  8.オホーツク  2度目の来館です。前回は「富良野風景」が№1でした。伊東先生の建築が心地良いすばらし美術空間です。

icon_2y_64[8].png

❀ 中世の城郭建築を想わせるペンタゴン様式が気に入りました。天井のドーム、パンテオン、アーチ型のアラブ様式、ゆったりできました。リアリズム絵画、構図がおもしろかったです。おはぎが食べがいがあり、おいしかったです。   男性

 

 ❀ ヤオコー美術館の存在を初めて知りました。今回の"私の友、私の家族 -- 人物画が語る人生の耀き"展の圧倒的なインパクトによって、一瞬にして射抜かれた様でした。すごい描写です!! 時々見に来させて頂きます。〈全てのものに"いのち"が宿る〉という作者の言葉にも、感銘を受けました。パンフレット有難うです!!   Y様

 

 ❀ 札幌から来ました。川越に来る目的の八割が、この美術館でした。川のほとりの立地も素敵です。建物の近代的な感じと、絵に宿る普遍的な心のミスマッチが、なぜか心地良いです。

 

 ❀ やっと来ることができて感謝しています。桜に又出会う事が出来て、元気を頂きました。いつもやさしい絵に心が暖かくなります。又来られたらと思いました。   京都 S様