鮮魚部 主任 2015年入社

Y.S.さん

売り場でしか見えない景色がある。
毎日違って、毎日が楽しい充実した日々。

本社建築や研修センターの設立など、
未来への投資がしっかりしている会社。

数ある業界、職種の中で、なぜヤオコーを選んだのでしょう?

採用担当の方が一番親身になって接してくれたからです

就活をやり始めたときは、正直に言うと、どの会社でもいいと思っていました。どこで働くかよりも、どう働くかのほうが重要だと思っていたからです。そして大学の先生からヤオコーを紹介されて、採用応募することになったのですが、ヤオコーの採用担当者が一番親身になってくれていると感じました。というのも、面接のときに「あなたの場合はこういう選択肢もあるんじゃないですか?」とスーパーマーケット以外の進路も提案してくれたんです。普通だったら、ほかの会社やほかの業界を進めないですよね。僕の目線で考えてくれたのがうれしくて、ほかにも内定は頂いていたのですが、ヤオコーに入社を決めました。

現在の仕事内容と、やりがいについて教えてください。

包丁を入れた回数だけ利益が上がるやりがいのある職場です。

基本業務は日々の売上管理です。そのために商品管理と人材管理を行ない、売り場のレイアウトなど考えています。日々さまざまな作業がありますが、僕は包丁を握っている時が一番楽しいですね。

鮮魚部門は、包丁を入れた回数が多いほど利益が出るんです。例えば、アジのお魚をそのまま売り場に並べても、お客様は食べ方をイメージできないので、なかなか買ってくれないものですが、加工して料亭で出されるような煮付けにして提供すると、多少値段が上がってもお客様の食欲、購買欲を盛り上げられるんです。原料は同じアジなのに、包丁を入れた回数や技術で稼げるというのは、ほかの部門とは違うと思いますね。あまりに美味しいそうに調理ができたときは、個人的に写真をとって自画自賛することもあります(笑)。

魚は一匹一匹違うので、技術が試される感じがして、毎日違って、毎日が新鮮ですね、魚だけに。それに売上の結果は当日に出るので、何が良くて、何が悪かったのかを考えることができます。

理想にしているのは、主婦の目線で考えること。バックヤードでも、パートナーさんの主婦の方に「今日だったらどういう魚を買いますか?」と聞いて、参考にさせてもらっています。

印象に残っている成功体験はありますか?

魚屋が大繁盛する年末シーズンに大量に入荷した魚をすべて売り切ったことです!

年末は魚屋が大繁盛する時期で、それはスーパーの鮮魚部門でも同じです。年末の1日は、普段の売上の5~10倍近くなることもあって、鮮魚部門としては絶対に失敗が許されない時期でもあります。1ヶ月くらい前から計画をしっかりと練っておきます。

去年の年末には、計画した通りに売上が伸びており、さらにメンバーさん全員で売場に出て声をかけ、大量に発注した商品をすべて売り切りました。充実感に包まれた状態で、仕事を終えて飲んだビールの味は絶対に忘れることはありません。本気になった分、うれしさもひとしおでした。

学生時代に学んだことで、今に生きているなと感じることは何ですか?

しっかり学んだマーケティング理論ですが、日々店内で新たな気付きがあります。

学生時代はゼミに力を入れていて、追求テーマであるマーケティング理論は相当勉強して、論文もいくつか書きました。例えば、万引きの研究もしました。万引きだけでもお店は潰れることがあるので、緊急案件なのですが、小売業は対策がほとんど打てていないのが実態だと思います。防犯カメラを増やすことも選択肢のひとつですが、それよりも「いらっしゃいませ!」と店員の呼び掛けを強化する方が、万引き防止につながるうえに、購買意欲も上がるんです。スーパーマーケットでは普通のことでも、別の視点で店内を見渡せば、見えるものが違うということに気づかせてもらいましたね。

「ヤオコーのここがすごい」というところを教えてください。

本社建築や研修センターの設立など未来への投資がしっかりしているところだと思います。

ヤオコーは最先端の技術や考えをすぐに導入する会社だと思います。例えば、発注システムをすぐに切り替えたり、本格的な研修センターを建てたり。本部では何十年か先を見据えているのだと思います。厳しい時代もいずれは迎えると思いますが、未来への投資をしっかりしています。そうでないと、30年連続で増収増益はできません。今取り組んでいる新しいことも、何十年か後には利益に変わっていると思うと、社員としては安心して働けますよね。

就職活動をしている学生の皆さんにメッセージをお願いします。

もし、就活先の選び方で迷ったら、"人で決める"という選択はありだと思います。

もし、就活でどの会社に決めようかと悩んでしまったら、僕は"人で選ぶ方が良い"と思います。この人がいるから一緒に働きたいというのは、最大の理由です。その人はその会社にしかいませんからね。直観を信じて、困ったら人で決めてみてもいいのではないのでしょうか?

そのほかの社員インタビュー

一覧はこちら

インターンシップ情報

インターンシップを募集しております!
興味をお持ちの方は、下記ボタンよりエントリー・マイページ登録をお願いいたします。

マイナビ インターンシップ募集要項はこちら!
リクナビ インターンシップ募集要項はこちら!
マイナビ2022 リクナビ2022