鮮魚 主任 2015年入社

H.S.さん

充実した仕事、フットワークの軽い会社。
ワーク・ライフ・バランスが実現できる場所。

やると言ったら、必ず実行する有言実行の精神。
現場の意見もすぐに反映されます。

数ある業界、職種の中で、なぜヤオコーを選んだのでしょう?

将来もなくなることがない食の仕事に就く。
プライベートを両立できる環境で。

学生時代は野球をずっとしてきたので、将来はスポーツ系のメーカーで営業マンになって、スーツをビシッと着て、都内を走りまわっている...そんなイメージが漠然とありました。でも今は、エプロンをビシッと着て、魚の刺身を持って店内を走り回っています!

就活でいろいろと調べた結果、選んだ食品関係の仕事です。将来も絶対になくならない仕事だと思います。ヤオコーはスーパーマーケットの中でもずっと元気があって、地元に近い関東圏内を中心に出店しています。会社としても将来があると思いました。

そして、先輩たちの働き方や、会社が用意している制度の話を聞いて、ここでなら仕事とプライベートが両立できると思えた。これだけそろったら、就職先として選ぶのに迷いはなかったです。

現在の仕事内容と、やりがいについて教えてください。

加工技術にかかる割合が大きい仕事。
自由度の高さがやりがいになっています。

鮮魚部門は最初から希望していました。理朝が早い代わりに、帰りの時間も早いからです。業務内容は、朝出勤してから商品の仕分け、値付け、品出しをして、オープンを迎えます。お客様がピークを迎える夕方前までに商品補充をして、その日の売上計画を達成できるようにします。

鮮魚部門は、他の部門と比べて加工技術によって売上が大きく変わります。その分、自由度は高く、魚をそのまま売るのか、お造りにするのか、刺身にするのか、それを主任は決めることができます。予想がドンピシャで当たった時は、とても面白いですね。日頃から、お客様の買い物カゴの中身が気になってチラチラと見てしまいますね。

これまで一番印象に残っている、仕事上での失敗体験を教えてください。

発注ミスで高級魚を25倍購入。
周りのフォローがなかったら...。

3年ほど前の話です。高級食材のメカジキを1ケース発注するところを間違えて25ケース注文してしまいました。後で発注書を見たら、血の気がサーッと引きました。すぐにバイヤーに連絡して、5ケースまで減らしてもらいましたがそれでも多い!慌ててほかのお店に連絡して助けてもらえたので、何とか乗り切ることができました。店舗同士、横のつながりが強いことに改めて感謝。トラブルがあっても周りがフォローしあえるので、大きな失敗になりづらいのだと実感しました。もちろん、それ以降はミスのないように気を付けています。

休日の過ごし方について教えてください。

夏はサーフィン、冬はスノボとアウトドア三昧。
就職前の目標を十二分に達成しています。

就職前から意識していた"ワーク・ライフ・バランス"。これは大学時代の教授の言葉なのですが「仕事の代わりはいくらでもいるけど、プライベートの代わりは誰もいないぞ」というのが心に響いていたからです。たしかに、自分が休んでも店は開店できるけど、家族の代わりはいないですからね。それに、プライベートが充実してこそ、仕事のパフォーマンスが上がることを実感しています。

僕は学生時代から野球をやっていて、身体を動かすことはずっと好きでした。今は、夏はサーフィン、冬はスノボとアウトドアにはよく行きます。ちなみに、最近はまっているのは、ゴルフです。去年から自己流で初めていて、ボールが真っ直ぐに飛ぶと気持ちいいんですよ。

「ヤオコーのここがすごい」というところを教えてください。

パートナーさんの顔を見るために
会長や社長が現場に顔を出してくれます。

やると言ったら、必ず実行するところ。有言実行の精神ですね。大企業って、動きが遅いイメージがあるんですが、ヤオコーの場合はすぐに動きます。働き方改革などで残業代の問題が取り上げてられていますが、ヤオコーも会社全体で残業代を減らす方向に動いています。

フットワークの軽さの理由なのかも知れませんが、ヤオコーの会長や社長は、頻繁に店に足を運んでくれています。会長たちは「この仕事はパートナーさんありきの商売だ」と言っていて、現場で働くパートナーさんの顔を見るために、本当に動いています。正直、社員としては緊張しますよ(笑)。でも、上の人がちゃんと現場を見てくれていることはうれしいことですし、意見もすぐに反映されます。現場で頑張っている人の熱意は、きっと上まで届くと思います。

就職活動をしている学生の皆さんにメッセージをお願いします。

いろいろ見て回れる絶好の機会なので、先入観に左右されずに楽しんでください。

学生時代までに知っていることは先入観が多いので、経験のない仕事を選ぶのも、ある意味では人生勉強になります。私の場合は、スポーツが好きだったので、スポーツ系のメーカーに行こうとして、正直、食品なんて考えていませんでした。でも、今はヤオコーで働けることに満足しています。

自分が就きたい仕事があるのは大事だと思いますが、先入観に左右されず、オープンな気持ちでいろいろ見て回ると、道が開けてきますよ。

そのほかの社員インタビュー

一覧はこちら
マイナビ2021 リクナビ2021