精肉 主任 2014年入社

M.M.さん

お客様の声が直接聞ける職場と、失敗も成功も分かち合える仲間。
長く働くのをサポートしてくれる制度にも期待しています。

不安になったらいつでも相談できる環境に支えられながら、
成長していけるだろうと思っています。

現在のお仕事とやりがいについて教えてください。

お客様の生活や季節に合わせた売場づくり。計画がハマった時は「よし!」ってうれしい。

精肉部門の仕事は、お肉を加工して小分けにパックし、値付けをして商品を作るところから始まります。商品をきれいに作るのはけっこうコツが必要で、慣れるまでは大変。値引きのシールを貼るのも慣れた人だとササッと貼れちゃいますけど、意外と難しいんです(笑)。

いちばん忙しいのはやっぱり師走。年末年始の食材をお求めになるお客様をがっかりさせないため、メンバーさんと助け合ってとにかく一生懸命働きます。時間通りにすべての作業を進められると、シンプルに「やったー!」という達成感がありますよ(笑)。

昨年、主任になってからは、仕事の視点がガラッと変わりました。出勤したらまず前日の売上を確認。売り場も併せて見ながら、できるだけロスを下げて売上を上げるように計画を立てています。仕事の幅が広がったので大変ですけど、その分やりがいもぐっと増えました。

お肉はお魚と違って旬はありませんが、父の日はステーキをおすすめしたり、GWには焼き肉を多めに用意したり、冬場はつみれなど鍋用品を増やしたり、お客様の生活スタイルや季節に合わせて工夫しています。自分の計画がぴったりハマった時は「よし!」ってうれしくなりますし、工夫の毎日で一喜一憂しています。

「ヤオコーのここがすごい」というところを教えてください。

地域密着で販売計画を立てるところ。
お客様とはいつの間にか顔見知りになっています

店ごとに地域密着の運営をしているところです。地域のお客様の欲しい商品をご用意しているので、ありがたいことにお得意様もいらっしゃり、直接注文が入ることもけっこうあるんです。自宅で料理教室をされる方から「豚ロースをピッタリ◯g」と注文が入ったり、海外のお客様が郷土料理を作られるのか「ラム肉を5キロください」と大量にお持ち帰りになったり、週に2、3回、いつも同じお肉を同じ数量で注文される方もいます。お客様ご自身の生活スタイルに合わせて、ヤオコーと付き合ってくださっているんですよね。

そんなお客様とはいつの間にか顔見知りになって、いらっしゃったら「あのお肉を準備しなきゃ」とわかったりするし、顔を合わせたときに「細かく対応してくれてありがとう」と直接お礼を言われたりすると、やっぱりうれしいですね!

トレーナーの方が親切にしっかり教えてくれる。
働きながら学べる研修は、同期と会える貴重な機会!

新入社員の時に「いい会社だな」と思ったのは、研修に力を入れているところ。新卒全員向けの一般研修と精肉部門向けの専門的な研修が分けられていて、社会人としての姿勢に加えてこれから向き合う仕事もしっかり覚えられました。トレーナーの方が親切に教えてくれて学びやすかったし、ありがたかったです。

店舗に配属されてからも月に1回研修があって、働きながら学べるところもいいんです。その研修の時は、同期と久しぶりに顔を合わせられる貴重な機会。同期だからこそ分かち合える思いもあるので、「最近どう?」みたいな話もしながら、ちょっとした悩みごとも相談し合える大切な時間になりました。

これまででいちばん印象に残っている失敗は?

失敗したからこそ学べることがある。
周りの人に支えられながら成長していければ。

入社1年目で遅番業務を担当したとき、商品の値引きをするタイミングが遅くて、次の日にたくさん廃棄を出してしまったことがありました。当たり前のことですが、仕事の優先順位は大切。失敗したからこそ、仕事の進め方を自分で考える大切さに気づけたできごとでした。それまでは指示された仕事をやっていたのが、自分でゴール地点を考えて必要な作業を逆算し、先を先を考えて自分から動くように変わることができました。

その時、叱られて落ち込んでいた私をフォローしてくれたのは、いつも一緒に働いているメンバーさん。ちょっと声をかけてくれるだけでも、救われるときってありますよね。失敗して落ち込んだ時だけど、人間関係がいい職場で働くありがたさを実感した瞬間でもありました。

最初から全部はうまくはできないけど、周りの人に支えられながら、失敗して学んで、それを繰り返すことで成長していくんだろうなって思います。

ヤオコーに入ってよかったと思うところは?

有言実行の店長に、頼れる主任。
いつでも相談できる環境がうれしい。

不安になったときは店長や副店長にいつも相談できるので、働きやすい職場だと思います。店長は有言実行の人で、「こうします」と言ったことはやり遂げるんです。たとえば些細なことですが、お店のルールを「こうした方が働きやすい」という意見がメンバーさんから出ると、すぐに検討して必要なら変えてくれます。

以前の部署の主任はいつも周りをしっかり見て、スムーズに仕事が進むようにしてくれる人でした。作業が遅れていたら「大丈夫?」とすぐに声をかけてくれたり、悩んでいるときは察して聞いてくれたりと、頼れる主任でした。

そんな風に気にかけてもらえたから、自分が主任になった今は、メンバーさんに気を配れるようにがんばっています。まだ主任になったばかりで今はもう"てんやわんや"の状態ですけど、もう少し落ち着いて仕事ができるようになりたい。頼れる主任になることが、今の目標です。

実はもうひとつ目標があって、それは仕事と家庭の両立。結婚したので家庭も大事にしたいし、仕事も正社員として続けていきたい。その点ヤオコーは事前に相談すれば、入れない時間はずらしてもらえたり代わってもらえたり、融通のきく働き方ができるので、うまく両立していきたいです。

そのほかの社員インタビュー

一覧はこちら
マイナビ2021 リクナビ2021