惣菜 主任 2014年入社

J.O.さん

“唐揚げ”で入社して、“プリン”を全店舗で一番売り上げる。
そのとき、その場所を楽しめれば、未来が見えてくる。

周りを見て微調整しながら、チームが機能するように動く。
学生時代の経験が生きていると思います。

数ある業界、職種の中で、なぜヤオコーを選んだのでしょう?

"唐揚げ"がきっかけで決めた就職。
何が人生を変えるのかわからない。

就活のタイミングのときに、たまたまヤオコーが神奈川地域にも進出してくるという話を聞いていたので「ちょっと見てみようかな」というきっかけでした。会社の業績がよく、働きやすい環境だと思いましたが、一番興味を惹かれたのは"唐揚げ"でした。唐揚げは自分の大好物。「少ないメンバーで大量の唐揚げや惣菜をどうやって作っているんだろう?」という、何とも食い意地の張った疑問が、さらに興味を深くしていったきっかけです(笑)。

そして調べていくうちに、ヤオコーの魅力や可能性が次々にわかっていきました。つまり、ヤオコーで自分が働いているのは唐揚げのおかげ。何が自分の人生を変えるのかわかりませんが、まさか唐揚げだったとは...(笑)。

現在の仕事内容と、やりがいについて教えてください。

「ありがとう」「美味しそう」
お客様の一声が元気の源です!

総菜部門が一番忙しいのは、午前中の時間帯です。朝は仕分け作業から始まり、パートナーさんが来て朝礼。それから、自分はメンチカツ、アジフライ、イカフライなどのお惣菜を揚げていきます。でも、お惣菜は種類が多いので、食材を運んでくれるトラックが遅れてしまうとか、大小さまざまなトラブルが付きものなんです。そういう場合でも落ち着いて、今できることから対応していくことができるようになってきたと思います。

夕方はお客様が増えてくるので、そのタイミングを狙って揚げたてのお惣菜を売り場に並べるようにしています。そして
「できたてでーす!」と、声を上げて商品を提供すると、人だかりができるんです。
「美味しそう」「あったかいね」と目を輝かせながら見てくれる、その瞬間がとてもうれしいですね。

また、店内で、すこし冷めてしまったお惣菜をもっている方がいたら、揚げたてに代えてあげたりすると、ふと「ありがとう」と言ってもらえることもあります。そういうお客様の何気ない言葉を聞くのが、元気の源です!

印象に残っている成功体験はありますか?

「社長も絶賛!」というポップを作り
全店舗で売上1位を獲得したプリンの仕事です。

独特な甘さが自慢のデザート、『かぼちゃプリン』という商品があります。お客様からも「おいしい」と評判で、私も好きな商品です。唐揚げ好きからスイーツ男子に変身するようですが(笑)。

さらに、弊社の社長も好きな商品のようで、「おいしいのに、なぜ一番見えるところに置かないんだ」と言っていたというエピソードをたまたま耳にしたんです。それなら積極的に販売してみようと、試食コーナーを設けたり、大々的に展示したり、さらに「社長も絶賛!」というポップを作って、販促に力を入れました。

結果、大好きな唐揚げではなく、『かぼちゃプリン』で、全店舗1位の売り上げを達成することができました。本気で動いたことが、目に見える結果につながる。今の仕事の醍醐味を味わった大切な成功体験のひとつです。

学生時代に学んだことで、今に生きているなと感じることは何ですか?

バスケットボールで鍛えた感覚で仲間を生かしてチームを勝利に導きます。

中学・高校とバスケットボールをしてきました。ポジションはチームの司令塔であるポイントガードです。相手が何を考えているのかを常に考えて、パスを回して得点を狙います。ポイントガードは仲間を生かすポジションです。自分が何点もとることよりも、チームの勝利を考える姿勢は、今の仕事にも生きていると思っています。

大小さまざまなトラブルだけじゃなく、例えばパートナーさんが忙しそうなときは自分がフォローに入って、計画通りに準備を進めていきます。周りを見て微調整を繰り返して、チームが機能するように動くことは、バスケットボールの経験から来ているかも知れないですね。

休日の過ごし方について教えてください。

音楽が好き、ライブが好き。
地方ライブがあれば、ひとり旅で出かけています。

趣味は音楽鑑賞で、今、とくにハマっているのはK-POP。アップテンポな曲調が好きで、聴くとテンションが上がります。出勤時や帰宅時、あとは自宅でご飯を食べているときは、ずっとK-POPを流して、日々過ごしています。

大好きなアーティストの地方ライブがあるときは、それに合わせてひとり旅行を計画して出かけることが多いです。札幌、福岡、神戸などの地用主要都市で開催されるのに合わせて、気ままに街を観光して戻ってきます。ゆっくり街をめぐり、ライブでテンションを上げて、新たな一週間の活力をためる、それが一番充実した休日の過ごし方ですね。

そのほかの社員インタビュー

一覧はこちら
マイナビ2021 リクナビ2021