グロッサリー スーパーバイザー 2012年入社

H.Y.さん

生意気だった新人時代の自分を鍛えなおしてくれた厳しさ
正しく頑張っている姿を誰かが見てくれるやさしさが、ここにはある

担当するお店が増えて、関わる仲間も増えました。
私の判断が仲間の笑顔につながるので責任もやりがいも大きいです。

数ある業界、職種の中で、なぜヤオコーを選んだのでしょう?

家族の小さな思い出がたくさんがある場所で
働いてみたいという気持ちになれたから

埼玉県が主催する若年層の就職支援事業の一環で、ヤオコーを紹介してもらったのが就職のきっかけです。一部上場企業で、地元の埼玉に本社があり、給料と待遇も良いことを知りました。

私の家の近くにもヤオコーがあって、母親と一緒によく買い物に行った想い出があります。と言っても、何か買ってもらったという思い出があるわけでもなく、ただの荷物持ちでしたが、「これが安いよ」とか、何気ない会話が楽しかったことを覚えています。ほかにも、我が家のレシピの多くは、ヤオコーのクッキングサポートで教えてもらったものです。そういう意味で、ヤオコーにはお世話になっていることが多かったんです。

たぶん、スーパーマーケットというのは、家族の小さな思い出が、たくさん詰まっている場所だと思います。そういう場所で働いてみたいという気持ちになりました。

現在の仕事内容と、やりがいについて教えてください。

担当エリアのお店の数だけ責任は増えますが、
関わる仲間の笑顔も増えるので頑張れます。

スーパーバイザーの仕事は、担当しているエリアの売上を伸ばすこと。そのために商品、人、環境を整えるためのアドバイスをしていくのが主な仕事です。私は川越エリアの12店舗を担当しています。エリア全体の売上目標を共有するために、各店舗とは連携をとっています。

主任からスーパーバイザーになると、現場から少し離れるので、お客様との接点は減りました、残念ながら。その代わりと言っては何ですが、本部や各店で働いている社員さんやパートナーさんと会う機会が、一気に増えました。私の発言が各店舗の主任に伝わり、それがパートナーさんにまで伝わります。

担当する店舗の分だけ責任は増えますが、私の判断が仲間の笑顔につながっているのが分かっているので、疲れていても頑張ることができますね。

これまでの仕事の中で一番印象に残っている失敗体験はありますか?

生意気だった新人時代にパートナーさんが辞めていってしまったこと。
まだ残る大きな後悔と、自分を変わるきっかけを作ってくれたことへの感謝と。

今だからこそ話せますが、入社当初の私はとても生意気で、自分がすべて正しいと思い込み、世の中に対して斜に構えていたところがありました。お恥ずかしい限りですなんですが......。

そんな私も主任になり、現場を任されました。自分なりには正しい態度で接して頑張っていたつもりですが、ある日、ひとりのパートナーさんが、「あなたにはついていけません」と言って、辞めてしまいました。当時は理由がわからず、相当ショックでした。でも、このままではいけない、根本から変わるきっかけになったのです。

当時の上司は厳しい人だったので、一から鍛え直されたのです。当時の、自分の理屈だけを通すような人との接し方について、「人には感情があるので、正しいだけで動かない」と諭されました。もちろん、理屈がないと数字にはつながりませんが、理屈だけでは足りない。理屈も感情も、それぞれの点がつながるように、伝え方や接し方を変えることになりました。辞めてしまったパートナーさんには未だに申し訳ないと思っています。半面、おかげで自分の間違いに気づくことができたことに、同じくらい感謝しています。

「ヤオコーのここがすごい」というところを教えてください。

横のつながりが強いので、真面目に頑張る人は報われる環境です。

埼玉スーパーアリーナを貸し切って行われる、毎年恒例の大運動会は単純にすごいと思います。その日は全店舗休店にして、運動種目だけではなく、アーティストを呼んでミニライブなども行われます。一同に社員が集まるので、以前、お世話になった人とも再会できるのが楽しみのひとつになっています。

こういう大イベントだけでなく、ヤオコーは、同期や同じ担当など、横のつながりを大事にしている企業です。良いことも悪いことも伝わりやすい環境だからこそ、正しく頑張っている人がいたら、必ず誰かが見てくれています。努力が報われる会社なので、一所懸命な人や真面目な人にとっては、働きやすい環境だと思います。

就職活動をしている学生の皆さんにメッセージをお願いします。

ヤオコーには尊敬できる人が沢山います。
昔の私も受け入れてもらえたので、ありのままでぶつかってきてください。

私は入社後、「素直さがないよ」とか「ちょっと生意気かもね」と先輩方からさんざんアドバイを受けました。もしかしたら、これを読んでいる人の中にも、昔の私に似ている人がいるかもしれません。そういう人ほど、ヤオコーに来て欲しいですね。うちには尊敬できる先輩が山ほどいて、しっかりと向き合ってくれます。自分が間違っていると気付かされ、それを受け入れることができたら、人は必ず変われます。まずはそのままの姿で、ヤオコーにぶつかってきてほしいですね。あとは最後に一言。時間と仲間を大切にして、悔いの残らないように、今を思いっきり楽しんでください。

そのほかの社員インタビュー

一覧はこちら
マイナビ2021 リクナビ2021