商品ストーリー

こだわりの生鮮 2020.11.05

今が旬。おいしいぶりの秘密教えます!

今が旬。おいしいぶりの秘密教えます!

鍋や煮付けなど、冬になるとぶりのお料理が増えますよね。ヤオコーでは産地や鮮度にこだわった養殖ぶりが今の時期、大人気。そこで、鮮魚担当の浅見に人気の秘密から、料理のコツまでを聞いてきました。

Q. 養殖のぶりでも旬はあるの?

「一年中あるし、いつ食べても同じでしょ?って、よく聞かれるのですが、養殖でも旬はあります。ぶりは天然と同じように冬が旬。11月頃から身が厚くなって、脂がしっかりとのってきます」(鮮魚担当・浅見、以下同)

Q.おいしいぶりの見分け方を教えて

「身に透明感があって、艶があるもの、お腹は白い色合いのものを選ぶといいでしょう。
養殖のぶりは餌によって品質が変わりますが、同じくらい大切なのが「血抜き」です。
血の抜き方はもちろん、血を抜いた後にしっかり冷やすのもポイント。魚は内臓までしっかりと冷やさないと、内臓から身に熱がどんどん伝わって、鮮度が落ちてしまうんです。
だから、ヤオコーの『活〆ぶり (養殖)』は、この血抜きの上手な加工業者に限定しています」

Q.おすすめの料理は?

「色々な食べ方ができるのがぶりの魅力。だから、ヤオコーでは色々な料理用途のものをご用意しています。しゃぶしゃぶ用の薄切りや、ぶり大根用にアラと身をセットにしたもの、焼き物にぴったりのカマ……。中でもおすすめは、鮮度の違いを感じてもらえる、お刺身やしゃぶしゃぶです! 臭みが少なく、脂の旨味を楽しんでいただけると思います」


鮮度がよく、脂がのった旬のぶりはシンプルな味付けでも、絶品のおいしさ。ぜひその味をご家族で楽しんでください。

※画像はすべてイメージです。

関連記事

肉鍋やすき焼きにぴったり!賢い肉の選び方

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ