商品ストーリー

こだわりの生鮮 2020.10.22

脂の甘~い黒豚にヤオコーがこだわるワケ

脂の甘~い黒豚にヤオコーがこだわるワケ

黒豚のしゃぶしゃぶ、黒豚のトンカツ、黒豚のカレー……レストランには黒豚を売りにしたメニューがたくさんありますが、おうちであまり使ったことがないという人も多いのでは?
「ヤオコーでは『さつま黒豚』というおいしい黒豚をご用意しています。これ、一度味わったら病みつきですよ!」というのは精肉担当の古谷。
ところで黒豚って、何が違うのでしょう? そこで古谷に黒豚について直撃しました。

Q.黒豚と普通の豚肉、どこが違うの?

A.品種だけでなく、育つ期間も違います。

まずは品種が違います。黒豚はバークシャー種、普通の豚はヨークシャー種をはじめとした、いくつかの品種をかけ合わせています。

実は黒豚は育てるのが大変。普通の豚が180日前後で出荷されるのに対し、黒豚は240日もかかります。しかも子の生まれる数も少なく、体も小さい。だから、必然的に価格は普通の豚肉よりも高くなります。けれどもその分、肉質や脂身がよくおいしいのです。

Q.他のスーパーであまり見かけないのはなぜ?

A.生産者さんも、取り扱うお店も、黒豚を扱う人がどんどん減っているからです。

育つまでに時間がかかるので、生産者さんが生産をやめてしまったり、取り扱いをしない小売店も増えています。今、日本で生産されている豚肉の中で、黒豚が占めるのはわずか5%前後。だからあまり見かけないのです。

Q.ヤオコーにはなぜ黒豚があるの?

A.おいしいからです(笑)

価格は少し高くなりますが、こんなに脂身が甘くて、おいしい黒豚を売らない理由はありません。バラ、ロース、モモなど、いろいろな部位に加えて、しゃぶしゃぶ用や小間切、カレー用など使用用途に合わせたカットも取り揃えているのがこだわりです。ここまで色々と揃っているところはあまりないと思います。

Q.黒豚なら、どれもおいしい?

A.飼育方法や飼料によって、おいしさは変わります。

食べ物や育て方でおいしさは変わります。なかには脂身が多かったり、脂の甘みが弱かったりするものも……。そのためヤオコーでは鹿児島県の指定農場で育った黒豚しか販売していません。例えば、他の地域にお得な黒豚があると聞いても、味を変えたくないので、仕入れることはありません。

Q.おすすめの食べ方を教えて!

A.脂身の旨味を感じられる、あっさりとした味付けがおすすめです

脂のおいしさを楽しんでいただきたいので、しゃぶしゃぶはぜひ試していただきたい。ポン酢に大根おろしやネギを加えたさっぱりとしたタレがおすすめです。柚子こしょうをつけてもおいしいですよ。


黒豚について、お分かりいただけたでしょうか? 脂身のおいしさにこだわったヤオコーの黒豚なら、いつもの豚肉料理がさらにおいしくなるはずです。ぜひ一度試してみてください。

※画像はすべてイメージです。

関連記事

肉鍋やすき焼きにぴったり!賢い肉の選び方

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ