商品ストーリー

こだわりの生鮮 2017.09.09

突撃ヤッポー!「1年寝かせた“蔵出しさつまいも”のお味は?」

突撃ヤッポー!「1年寝かせた“蔵出しさつまいも”のお味は?」
いつものように、コーちゃんとお買い物に来たヤッポー。
コーちゃん ママ、おいも、食べる~!
ヤッポー あら、コーちゃん、さつまいもが食べたいの? そろそろ新物が並ぶ時期だし、買っていこっか。あら? でもこのさつまいも新物じゃないみたい……
コーちゃん いもいも~!
ヤッポー う?ん、どうしようかしら……

と悩んでいると、「そのさつまいも買いですよ?…」と背後から声が…。
甘さのピークは貯蔵から約1年。最も甘い“蔵出しさつまいも”を買うなら今!
ヤッポー ひゃ?! ビックリしたわ! 肝試しの季節はもう終わったのよ。あなたは誰?
岡村 驚かせてしまってごめんなさい! 青果担当の岡村です。コーちゃんとヤッポーちゃんに食べてもらいたくて、とっておきのさつまいもを持ってきました。実はこれ、去年の秋から1年間熟成させた“蔵出しさつまいも”なんです! 
ヤッポー へ?! 1年モノなんてあるの! そんなに寝かせておいて大丈夫なの? 
岡村 さつまいもの甘さを最大限に引き出すため、貯蔵庫の温度と湿度を細かく管理しているのでもちろん大丈夫。しかも毎週さつまいもの糖度や果皮の状態をチェックして、食べ頃のものだけを店頭に並べているんですよ。
ヤッポー 熟成すると、そんなに甘くなるの?
岡村 品種にもよりますが、3ヶ月間寝かせると糖度が4~5度くらい上がるものもあります。その後も緩やかに糖化が進みますが、甘さのピークは貯蔵から約1年。逆にあまり長く寝かせると熟しすぎてしまうんです。
ヤッポー なるほど~。じゃあ、お店に並んでいる“蔵出しさつまいも”は、去年の秋に収穫してるのね。
蜜がしたたる濃厚な甘さと、ねっとりとした舌触りはスイーツのよう!
ヤッポー 話を聞いていたら、なんだか食べたくなってきちゃった。
岡村 そう思って、1年寝かせた蔵出しのさつまいもを使った、ヤオコー名物の焼き芋を持ってきました。 
ヤッポー わーい? ありがとう! 焼き芋って時間がかかるから、家で作るのは面倒なのよね?。せっかくだから岡村さん、半分こしましょ! …って、なにこれ!? やわらかすぎて、なかなか手で折れないわ! しかも、すごい蜜! 
岡村 蜜が垂れるかもしれないので、気をつけて!
ヤッポー (パクッ)うわ、あま~~~い?  
コーちゃん (パクッ)あま~~~い?
ヤッポー 岡村さん、これ本当にさつまいもなの? まるでスイーツみたい! 1年寝かせるとこんなにおいしくなるのね!!
岡村 この焼き芋は大好評で、1日に100本以上売り上げるお店もあるくらいなんですよ。あまりの人気ぶりに、今年から全店に専用の焼き芋機を導入しちゃいました。
ヤッポー このおいしさなら納得! お買い物ついでについ買いたくなっちゃうわ?
岡村 ヤオコーでは200度に設定した焼き芋機で1時間焼き、20分間かけて蒸らしています。ゆっくり加熱してじっくり蒸らすことで、甘さがさらにアップするんです。見かけたらぜひ熱々を食べてみてください!
ヤッポー でも、焼き芋って一度にたくさん食べられないのよね。
岡村 食べきれずに余った焼き芋は、冷蔵庫で冷やして“冷やし焼き芋”にするといいですよ。実は今年の夏、ヤオコーで冷やし焼き芋を販売したところ、大好評だったんです! バニラアイスやクリームチーズなどと合わせればおしゃれなスイーツになりますよ。
ヤッポー うわぁ、聞いているだけでおいしそう! 早速買って帰って、試してみるわ!
※画像はすべてイメージです。

関連記事

ヤオコーの国産うなぎで暑さを乗り切ろう!

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ