商品ストーリー

おいしさの舞台裏 2017.09.06

納豆好きも驚きのおいしさ! ヤオコーの新作納豆はココが違う!

納豆好きも驚きのおいしさ! ヤオコーの新作納豆はココが違う!

「突然ですが、みなさんは納豆を買う時、何を基準に選んでいますか? 価格や粒の大きさという方が多いと思うのですが、これからは、ぜひ“豆”で納豆を選んでいただきたいんです!」と、熱く語り出したのは、“ヤオコーイチの納豆ラバー”こと日配担当の濱。本当においしい納豆を作ろうと自ら開発に乗り出し、豆選びからこだわって作った自信作が『Yes! Premium北海道空知産大豆使用 小粒納豆』と『Yes! Premium北海道富良野産大豆使用 大粒納豆』なのです。

寒さ厳しい北の大地で育った大豆は、旨味たっぷりの納豆に!

濱曰く、おいしい納豆を作るポイントは3つ。それは、「大豆・蒸し・タレ」です。まずこだわったのが、原料となる大豆の産地。小粒納豆、大粒納豆ともに北海道産100%です。
「夏は1日の中で寒暖差が大きく、冬は寒さ厳しい北海道の大自然の中で育った大豆は内側に栄養をしっかりと抱き込みます。そのため、他の産地のものに比べて糖質が多く、噛めば噛むほど大豆本来の甘みを感じられるんです」(日配食品担当・濱、以下同)
そして、北海道のなかでもさらにおいしい大豆を探し求め、小粒納豆は空知(そらち)産の“ユキシズカ”、大粒納豆は富良野産の“ユキホマレ”にたどり着きました。
「北海道の真ん中あたりに位置する空知地方も、観光地として有名な富良野も、実は大豆の生産がとても盛んな地域。どちらも全国的にメジャーな産地ではありませんが、味はピカイチです!」

小さな釜でムラなく蒸し上げることで、ふっくらやわらか、ネバネバに

原料となる大豆が決まったら、いよいよ納豆作り。一定時間水に浸した大豆を釜で蒸しあげ、納豆菌を吹きかけて発酵させるのですが、ここでポイントとなるのが「蒸煮(じょうしゃ)」と呼ばれる、大豆の蒸し作業。
「大きな釜で一気に蒸せば早いのですが、熱の通りにムラが出てしまうことがあるんです。そこで、ヤオコーでは小さな釜でじっくりまんべんなく蒸す昔ながらの製法を採用しています。こうすることで、ふっくらやわらかな食感になり、納豆菌の浸透もよくなって、粘りの強い風味豊かな納豆になります」

タレもカラシも化学調味料不使用。小粒用のタレは甘口、大粒用のタレはあっさり味

3つ目のポイントは「タレ」。リサーチの結果、ごはんにかけて食べたい人は小粒を、納豆単品で豆本来の味を楽しみたい人は大粒を好む傾向があると判明。そこで小粒納豆のタレはごはんに合う少し甘めの味付けに、大粒納豆のタレは豆の味を引き立てるあっさりとした味付けに。さらに、豆本来の奥深い味わいを楽しんでもらうため、タレとカラシは化学調味料不使用にこだわりました。
「化学調味料不使用のタレは、どうしても味が物足りなく感じられてしまうのが難点。そこで小粒納豆のタレは鰹節をベースに、煮干し、昆布、椎茸など、数種類のダシを混ぜ合わせてみたところ、化学調味料なしでも深みのある味わいを生み出すことができました。また、大粒納豆のタレは2種類の鰹節エキスをブレンドし、こちらも化学調味料不使用でもすっきりとマイルドな味わいに仕上がりました」
原料である豆の味を生かすことで、全く異なるおいしさに仕上がった2種類の新作納豆。ホカホカのごはんにのせて、ヘルシーなおつまみとして、パスタやオムレツに混ぜ込んで…お好きなスタイルで堪能してくださいね。

『Yes! Premium北海道空知産大豆使用 小粒納豆』40g×3 118円(税込127.44円)
『Yes! Premium北海道富良野産大豆使用 大粒納豆』40g×3 118円(税込127.44円)

※写真はすべてイメージです。

関連商品情報

関連記事

とろけるおいしさに夢中!牛めしが大人気

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ