商品ストーリー

こだわりの生鮮 2016.09.24

苦手な人にこそ食べてほしいヤオコーの上質「ラム肉」

苦手な人にこそ食べてほしいヤオコーの上質「ラム肉」
おいしいラム肉は臭みがなくジューシー!
「昔はラム肉が苦手だったんです」と語るのは、ラム肉を扱う精肉担当・矢嶋。ところが、あるとき試食したラムのモモ肉のやわらかくジューシーな味は衝撃的でした。「今まで嫌いだったのはなんだったのかと思うくらいおいしくて。今ではすっかりラム肉好きになりました」(矢嶋、以下同)
おいしさの秘密はニュージーランド産の特定品種
よく販売されているラム肉はオーストラリア産が多いのですが、ヤオコーのラム肉はニュージーランド産。矢嶋が食べたのもこのニュージーランド産です。
「オーストラリア産は羊毛をとるのに向いたメリノ種、一方ニュージーランド産は食肉用のロムニー種という品種です。ロムニー種は味にクセがなく、やわらかくておいしいんです。そこでヤオコーのラム肉はすべてニュージーランド産に変更しました」
おいしい焼き方のコツをマスターしましょう
ラムと聞いてまず思い浮かぶのはジンギスカンですが、ヤオコーのラムはお肉自体がおいしいので、色々なメニューを楽しむことができます。
「とくにおすすめはステーキです。ラム肉は焼きすぎると固くなりがちです。レアでも食べられるので、火の通し過ぎには注意してください」

上手に焼くコツは、焼く30分くらい前に冷蔵庫から取り出し、常温に戻しておくこと。ラムチョップ(骨付ロース)や固まり肉の場合は、油を引かず脂の部分を下にして焼くのがポイント。焼き色がついたらひっくり返し、全面に焼き色がついたら火を止め、アルミホイルで包んで、余熱で熱を通します。このひと手間で、レストランのようなミディアムレアに仕上がります。

「ほかにも豚肉を使うレシピはなんでも合います。生姜焼きなどにも挑戦してみてください」


参考:ニッポンハム「ラム肉の焼き方のコツ、教えます!」

関連記事

突撃ヤッポー!お得な海鮮ちらし見つけた!

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ