商品ストーリー

おいしさの舞台裏 2021.02.08

シュレッドチーズの賢い使い方知ってる?

シュレッドチーズの賢い使い方知ってる?

ピザやグラタン、チーズトーストに欠かせないものといえば、「とろけるチーズ」とも呼ばれるシュレッドチーズ。とろ~りとろけるチーズは子供も大好き。
だけど、たくさんのシュレッドチーズからどれを選んだらいいか分からない、余らせてしまいがちという人も多いのでは? そこで日配食品担当の津田がシュレッドチーズについて解説します!

知っておきたいチーズの種類

まずはシュレッドチーズの選び方。
「使われているチーズの種類が書いてある裏面をチェックしてみましょう」(日配食品担当・津田、以下同)
シュレッドチーズによく使われるチーズは次の通り。

ゴーダチーズ・・・コクがあって日本人好みの味。
ステッペンチーズ・・・とろ~りととろける糸引きをするために配合される。味は淡白。
モッツァレラチーズ・・・コクと伸びの良さが特徴。味は淡白。

そのほかにコクを出すためにチェダーやミモレット、エダムチーズなどが入っているものもあるそう。

シュレッドチーズはどうやって選ぶ?

チーズの種類がわかったところで、どうやって選べばいいのでしょう?
「チーズの味が重要になるチーズトーストやピザに使うなら、先ほどの3種類以外のチーズもブレンドされたもの、チーズへのこだわりが強い商品を選ぶといいでしょう」
逆にグラタンなどは具材の味がメインになるため、淡白なステッペンやモッツァレラが多く使われたものが合うそう。

「シュレッドチーズは基本的には生食NGです。サラダにトッピングしたり、カレーにかけて余熱で溶かすような、加熱をしない使い方をするときは、生食OKのものを選んでください」

津田のおすすめだという食べ方もご紹介。
「シュレッドチーズをレンジで少し加熱して、サラミやクラッカーをディップして食べるのがお気に入りです。簡単でおいしいサイドメニューができますよ」

シュレッドチーズの賞味期限は意外と短い!?

「袋に書かれている賞味期限は未開封の場合。開封すると2~3日でカビが生えてきます」
そのため、使いきれなかった分はすぐに冷凍庫へ入れること。
「使うときは冷凍のままトッピングして、加熱をすれば大丈夫です」

ヤオコーには様々なオリジナルシュレッドチーズが勢揃い!

ヤオコーでは用途に合わせたオリジナルのシュレッドチーズをラインナップしています。
ゴーダ、モッツァレラ、ステッペン。基本の3つのチーズを掛け合わせた『Yes!とろけるミックスチーズ』は、どんなお料理にも合わせやすいのが魅力。
「使い切りサイズの100g入りもご用意しています」

サラダやカレーのトッピングには生食OKの『Yes!細切りチーズ』。余熱ですぐに溶けるので、ハンバーグにトッピングするのもおすすめ。

チーズ好きの人には『Yes!Premium欧州産チーズ原料を100%使用したミックスチーズ』。
「オランダのゴーダ、ドイツのステッペン、スイスのエメンタールを使用した濃厚なシュレッドチーズです」


好みや用途に合わせて、シュレッドチーズを賢く活用して!

『Yes!とろけるミックスチーズ』(260g) 358円(税込386.64円)、(100g)158円(税込170.64円)
『Yes!細切りチーズ』(100g) 158円(税込170.64円)
『Yes!Premium欧州産チーズ原料を100%使用したミックスチーズ』(150g) 358円(税込386.64円)

※画像はすべてイメージです。

関連記事

コク旨でご飯が進む「豚肉の濃香みそ焼」

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ