商品ストーリー

おいしさの舞台裏 2020.07.20

モチモチ食感の北海道産小麦の食パンに注目

モチモチ食感の北海道産小麦の食パンに注目

ヤオコーのインストアベーカリー、ピノのロングセラー商品『北海道産小麦のもっちり湯種食パン』をご存知でしょうか? モチモチっとした食感が人気のこの食パンが、さらにおいしくリニューアル。そのおいしさの秘密を教えてもらいました。

秘密1 こだわりの原料で風味豊かに!

その名の通り、この食パンは北海道産小麦を使用。
「国産の小麦を使うと“もっちり”、“しっとり”食感になるんです!」(ベーカリー担当・鎌田、以下同)
フワッと香るやわらかな甘みは、はちみつや北海道産の練乳によるもの。
「さらに今回のリニューアルでは、油脂に発酵バターをプラスしました。通常のバターより高価なんですけど、その分、コクと旨味、豊潤な香りがグッとアップするんです」
また、材料にこだわっているから、イーストフードや乳化剤、酸化防止剤は使っていません。

秘密2 もっちり食感をさらにアップする湯種製法

「モチモチっとした食パンっておいしいですよね。この食感を引き出すため、湯種を使用しています」
小麦粉の一部に熱湯を加えてこねて、寝かせた生地を混ぜることで、しっとり感がさらにアップするのです。

秘密3 約4~5時間をかけて、お店で粉から手作り

『北海道産小麦のもっちり湯種食パン』はすベてお店で手作り。粉を混ぜ、1時間ほど寝かせて、分割して、また寝かせて成形して……。
「ようやく焼き上がったら、粗熱をとって、スライスして、やっとお店に並べることができます」
なんと4~5時間もかけて、お店で作っているのです。
「食パンって買った翌朝に食べることが多いですよね。パンの配合を決めるときも、焼いた翌日に食べてもおいしい味を目指しました。手間はかかるのですが、粉から焼き上げまでこだわった自慢のパンです」

手間ひまかけて完成した食パンは、驚くほどもっちり! 
「そのまま食べてもおいしいですが、僕が好きなのはトースト。外はカリカリ、中はしっとりのおいしさです」
お店では、4・5・6・8枚切りをご用意。軽やかな薄切りでも食感の違いを楽しめますが、よりもっちり感を楽しめる厚切りも捨てがたいところ。どちらにしても、一度食べたら、そのおいしさの虜になること間違いなしです!

『北海道産小麦のもっちり湯種食パン』(1本)598円(税込645.84円)、(半切り)300円(税込324.00円)、 (半切り1/2)150円(税込162.00円)

※画像はすべてイメージです。

関連記事

すいか名人が試行錯誤で育てた「極すいか」が登場! すいか本来の甘みを楽しんで

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ