商品ストーリー

おいしさの舞台裏 2020.07.02

ヤオコーの国産うなぎで暑さを乗り切ろう!

ヤオコーの国産うなぎで暑さを乗り切ろう!

土用の丑の日に限らず、夏のうなぎを楽しむ人が増えています。
ヤオコーでは静岡、愛知、宮崎の国産うなぎをご用意。
「養殖の環境づくりにこだわっていること、身質が良くなるように、白身魚をペースト状にしたエサを与えていること。この2つを備えた上質なうなぎを厳選しました」(鮮魚担当・町田、以下同)

サイズと焼きにこだわって、ふっくらとしたおいしさを実現

もうひとつ、うなぎのおいしさを左右するのが、サイズと焼き方。
「小さいと食べ応えがないし、育ち過ぎて大きくなると皮が硬く、ゴムのような食感になってしまうんです。そこでおいしく食べるのに最適なサイズに絞っています」

また、うなぎは火を入れるほどに身が縮まって小さくなります。身が小さくなると貧相に見えるため、大きさを優先して、焼き時間を短くするところもあるのだそう。
「ところが火をしっかりと入れないと骨っぽくなってしまうんです。ヤオコーではおいしいうなぎを食べていただきたいので、しっかりと焼いてから、蒸し上げるようにしています」

ふっくらとしておいしいと好評のヤオコーの国産うなぎ。ご予約も承っております。おいしいうなぎでスタミナをつけて、夏の暑さを乗り切りましょう!

『国産原料使用 うなぎ長焼』 1尾1,980円(税込2,138.40円)

※画像はすべてイメージです。

関連記事

すいか名人が試行錯誤で育てた「極すいか」が登場! すいか本来の甘みを楽しんで

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ