商品ストーリー

こだわりの生鮮 2019.08.01

ズッキーニのおいしい食べ方知っていますか?

ズッキーニのおいしい食べ方知っていますか?

売り場でもおなじみになったズッキーニ。存在は知っているけど、どうやって調理したらいいのか分からないと言う人も多いのでは?
「見た目はキュウリに似ていますが、実はかぼちゃの仲間。抗酸化作用が期待されるβ-カロテンが含まれている、ローカロリーな夏野菜です。油と相性がいいので、なすのように炒めたり、煮込んで使うのがオススメです」(青果担当・市河)

イタリア料理だけじゃない! 意外に使えるズッキーニ

ズッキーニはラタトゥイユやパスタなどのイタリア料理はもちろん、麻婆ズッキーニや揚げ浸しにもぴったり。
イタリア料理やワインなどに造詣が深い料理研究家の豊田安男さんが教えてくれたイタリアの家庭料理「ズッキーニのソテー ケッパー風味」は簡単に本格的なおいしさを楽しめるので、ぜひ挑戦してみて。


【材料(2人分)】
ズッキーニ・・・1本
エキストラバージン・オリーブオイル・・・大さじ1+小さじ1
塩漬けケッパー(または酢漬けケッパー)・・・小さじ1


【作り方】
1 ズッキーニを7mmほどの輪切りにして、油をひかずにフライパンに並べて焼きます。この時にズッキーニの表面に焼き目が付くまで返さないのがポイントです。フライパンの中を混ぜないで、しっかり焼き目を付けてください。混ぜたりするとズッキーニから水分が出て焼き目が付かなくなります。
2 片面に焼き目が付いたら返して両面に焼き目を付けてください。両面に焼き目が付いたら塩を1つまみ振って混ぜてから、一度フライパンから取り出します。
3 [2]のフライパンにエキストラバージン・オリーブオイル大さじ1と刻んだケッパー小さじ1を加えて中火で熱し、ケッパーがパチパチと音を立てたら、ズッキーニをフライパンに戻して、強火で熱しながら和えます。
4 ズッキーニが温まったらお皿に盛り付けて、エキストラバージン・オリーブオイル小さじ1を振りかければ完成。ケッパーの代わりに、アンチョビなど塩気の強いものを使ってもOK。


「ズッキーニはそのまま常温保存できますし、余ったズッキーニは輪切りにすれば冷凍保存もできます。生のままスライスして、塩もみにもできるし、思っているよりも色々なお料理に使えるんですよ」

今が旬のズッキーニ。ご家庭のお料理にぜひ取り入れてみてください。

※画像はすべてイメージです。

関連記事

ヤオコーのしらすはなぜおいしいのか?

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ