商品ストーリー

おいしさの舞台裏 2019.02.25

ロングセラーの2つの餃子のおいしさを大解剖!

ロングセラーの2つの餃子のおいしさを大解剖!

ヤオコーの惣菜コーナーの中でも、ロングセラーを誇っているのが肉と野菜、2つの餃子です。長く愛される秘密はどこにあるのか。餃子が作られているヤオコーのデリカ・生鮮センターを突撃。おいしさの秘密を惣菜担当の木村に教えてもらいました。

【おいしさの秘密1】真空ミキサーで、冷めても皮がモチモチ!

ひとつめのこだわりは皮。ヤオコーの餃子はつるんとした食感とモチモチとした歯ざわりがおいしいと評判です。
「それは水分がきちんと含まれているから。粉と水って混ぜただけだと、粉の内部まで水が浸透していないんです。そこで普通は生地を寝かせたりするんですが、ヤオコーでは真空状態で粉と水分を混ぜる真空ミキサーという機械を使うことで、粉の中までしっかりと水分を入れています。これで表面がつるっとして、モチモチとした食感になるんです」(惣菜担当・木村、以下同)
水分がしっかりと保たれているから、時間が経っても餃子の耳が固くならず、やわらかくておいしいのです。

【おいしさの秘密2】鮮度と味にこだわった肉と野菜

ふたつめのこだわりは具。
「肉餃子の肉は国産のチルド豚肉と豚の背脂を、ヤオコーでブレンドしてひき肉にしているんですよ」。
そう言って見せてくれたのは、きれいなピンク色の豚肉のブロック。背脂とブレンドしたひき肉は、1本1本がしっかりとひいた形をキープしていて、鮮度の高さを物語っています。
「生姜はペーストを使うところも多いのですが、時間が経っても風味がきちんと出る刻み生姜を使っているのもポイントです。さらににんにくペーストを加えて、ご飯にもビールにも合うパンチのある味になっていますよ」

野菜餃子の具はシャキシャキとした食感がこだわり。野菜の甘みを感じていただくため、にんにくは使っていません。
「国産キャベツは丸のまま仕入れて、それをここでカット・洗浄することで、甘みを逃がすことなくシャキシャキ感をキープしています。また1月中旬からは深谷ねぎを使ってねぎの風味を大幅にアップした野菜餃子を販売しています」
口に入れた瞬間に深谷ねぎの香りがふわりと感じられ、キャベツの甘みと食感も楽しめるスペシャルな野菜餃子はこの時期だけの期間限定ですので、お見逃しなく!

【おいしさの秘密3】お店で焼いているから、焼き目がパリッ!

デリカ・生鮮センターで作られた餃子は冷凍後、各お店へと運ばれて、出来立てを食べていただけるよう、1日何度も店内で焼き上げています。
「お店には220℃まで加熱できる万能調理器があって、これを使うと皮はモチモチで焼き目がパリッとした餃子が焼けるんです。また焼く時間や、焼き目の色まで細かい規定があるので、どのお店で食べてもおいしい餃子になっています」

ヤオコーで長く愛される2つの餃子。これからも変わらぬおいしさをお届けします。

『肉餃子』、『野菜餃子』(5個入)各199円(税込214.92円)、(10個入)各398円(税込429.84円)、(15個入)各597円(税込644.76円)

※画像はすべてイメージです。

関連記事

ヤオコーの国産うなぎで暑さを乗り切ろう!

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ