商品ストーリー

ピックアップ 2018.05.09

突撃ヤッポー! 母の日ギフトにぴったりの手作りフラワーアレンジに挑戦!

突撃ヤッポー! 母の日ギフトにぴったりの手作りフラワーアレンジに挑戦!
「そろそろ母の日よね…。毎年実家にはカーネーションを贈っていたけど、今年は少し違うものを贈れないかしら…」と考えていたヤッポーの目に飛び込んできたのが、華やかなフラワーアレンジメント。
「あら、こういうのも素敵ね。どんなアレンジがいいか、ちょっと相談してみようかしら」と、早速、ヤオコーの花担当、小高を直撃!
ヤオコーに売っている切り花で華やかなアレンジが完成!
ヤッポー 小高さん、こんにちは! 早速だけど、今年は母の日にフラワーアレンジを贈ろうと思うんだけど、おすすめってある?
小高 ヤッポーちゃん、せっかくなら自分で作ってみてはどうかしら? ヤオコーで売っている切り花を使えば、プレゼントにぴったりのこんなアレンジもできますよ。
ヤッポー うわー! 鳥かごみたいで可愛い!! でも私、結構不器用なのよね…。こんな難しそうなのできるかしら…。
小高 誰でも30分もあれば簡単にできますよ! とりあえず、やってみましょう!
ヤッポー 本当に? じゃあ小高さんを信じて、やってみるわ!
小高 まずは材料です。今回はアレンジ用に直径10cm弱の小さめのポット、花を挿すために使う“オアシス”という緑の土台、あとは花を切るための花ハサミがあればOK。お花は今回、以下のものを使います」
左から/スチールグラス、ピスタキア、ブルースター、ラナンキュラス、チューリップ、レースフラワー、スイトピー、カーネーション(羽衣)、テマリソウ、ガーベラ、ヒペリカム、ガマズミ

ヤッポー 結構大きな葉もあるのね。
小高 そうなんです。まずはこの大きな枝を、使いやすい大きさに小さく切り分けましょう。花を切るときのポイントは、斜めに切ること。こうすると水の吸い上げが良くなります。
ヤッポー (チョキン、チョキン、チョキン……)ねえ、なんか葉っぱがいっぱいになっちゃったわ…。
小高 いい感じですよ! 実はフラワーアレンジって花よりもグリーンをどう使うかで、良し悪しが決まるんですよ。だから葉は多めに用意しておきましょう。
ヤッポー そうなの? じゃあ、こっちのお花についている葉っぱも切り分けたほうがいいわね!!
小高 きゃ~!!! ヤッポーちゃん、それは切っちゃダメ~!!!
前に向かって、徐々にお花を低くするのがきれいに見えるコツ
小高 さて、いよいよお花を挿していきましょう。まずはポットのサイズに合わせて、オアシスを切ります。このとき、端までお花を挿せるように、角をカットするといいですよ。ポットにオアシスを入れたら、お水をた~っぷりと入れましょう。
ヤッポー オアシスがぐんぐんお水を吸ってくわ! 思った以上にお水を入れたほうがよさそうね。
小高 そうしたらまずはアレンジのなかで一番高さを持たせるチューリップを挿します。チューリップは切ってからも首が伸びるので少し短めに切って。挿すのは真ん中よりちょっと後ろです。後ろの花は少し長めにして、そこから前に向かって、少しずつ低くなっていくように挿していきます。
ヤッポー 先生、チューリップを2つ並べて挿したら不思議な感じになっちゃった…。
小高 いいところに気づきましたね。同じ花を2本使うときは高さを揃えすぎるとバランスが悪いので、寄り添うようにほんの少し高さを変えて挿すとオシャレに見えますよ。
ヤッポー チューリップの葉っぱも可愛いけど、ここまで入れるとちょっと高すぎるかしら…。
小高 そうしたら、葉っぱの根ギリギリのところで切ってしまい、葉っぱは別に挿しましょう。
ヤッポー あら! 切ってあるなんて全然分からないわ。
小高 チューリップを挿したら、葉っぱを少し挿して…。
ヤッポー え? 他のお花も挿したほうがいいんじゃないの?
小高 花を先に挿すとグリーンが入れづらくなるので、お花→葉→お花→葉…の順に挿すのが、自然できれいに見えるポイントなんですよ。さ、次は母の日ということでカーネーションをご用意してます!
ヤッポー 待ってました!
小高 前から見たときに全ての花がキレイに見えるよう、カーネーションはチューリップよりも少し低くなるように挿しましょうね。
ヤッポー なるほど、つい上から見ちゃいがちだけど、前から見たときにどう見えるか考えるのが大事なのね。
最後に上下左右、後ろまで、ぐるっと回して、細部をチェック!
小高 カーネーションの位置が決まったら、またグリーンを挿して、次のお花を挿していきましょう。オアシスに挿すときに葉が邪魔になるグリーンは、下の方の葉を取ってしまっていいですよ。
ヤッポー なるほどね! (せっせ、せっせ……) 先生! こんな感じでどうかしら!?
小高 ヤッポーちゃん、上手ですよ! じゃ、ぐるっと回して見てみましょう。
ヤッポー きゃー! 後ろ側がガラガラだわ!
小高 今回は三方見といって、前と横、上から見たときのバランスが一番重要なので、後ろはあまり気にしなくて大丈夫。とはいえ、オアシスが見えるほどスカスカだと格好が悪いので、オアシスが見えなくなるまで葉を挿していきましょう。
ヤッポー それっぽくなってきたわ!
小高 最後に使うのがスチールグラス。今回は3本使います。鳥かごをイメージして適当な長さで切ったら、オアシスの真横に挿します。上に挿すときれいに丸まらないので、注意してくださいね。
ヤッポー なんか形がいびつな気がするわ…
小高 片方だけ深く挿しすぎるといびつになりやすいんですよ。3本とも挿してから、微調整して形を整えて…
ヤッポー できたわ!! すっごい可愛い~私って才能あるのかも? ねえねえ、これ、他のお花でも作ってみたいわ。
小高 他のお花で作るときも挿し方は一緒です。あとはピンクならピンク系、オレンジならオレンジ系と同系色のお花で揃えるのがきれいにまとまるコツです。そこに、今日使ったブルースターのように1つだけ反対色を入れると、アクセントになってオシャレに見えますよ。
ヤッポー なるほど! 今度はママ友のお誕生日にプレゼントしてみるわ! 小高さんありがとう!

※画像はすべてイメージです。
※店舗によっては取扱いのない場合もございます。

関連記事

とろけるおいしさに夢中!牛めしが大人気

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ