商品ストーリー

こだわりの生鮮 2017.11.25

突撃ヤッポー!「クリスマス&年末年始の食卓はゴージャスにしたい!」

突撃ヤッポー!「クリスマス&年末年始の食卓はゴージャスにしたい!」

クリスマスに、お正月…と年末年始のパーティシーズンがいよいよ到来! 楽しみは多いけど、普段よりちょっと豪華な料理にしなきゃ…と思うとちょっと面倒な気持ちも。ヤッポーも困りきったように売り場をウロウロ…。そこにご近所のママ友とばったり!
ママ友 あら、ヤッポーちゃん! ねえ、コレ知ってる? すごくおいしいのよ。
ヤッポー まぁ、立派なかに! “釜茹でそのまま”って書いてあるわね。
ママ友 茹でたかにってよく見かけるけど、なぜかヤオコーの釜茹でがにって味が濃くておいしいのよね。うちの家族はこれが大好きで。ご馳走といえば、これなのよ。
ヤッポー そうなのね! うちも買ってみようかしら? でもその前においしさの秘密、聞きにいかなきゃ!
と鮮魚担当の千葉を直撃!

釜茹でをそのまま“冷蔵”で直送してるから、甘くてみずみずしい!

ヤッポー 千葉さん、こんにちは! さっきね、ママ友に「ヤオコーの釜茹でずわいがにがおいしい」って教えてもらったの!
千葉  本当ですか? それはうれしいなぁ。ヤオコーの釜茹でがには今が旬のロシア産ずわいがにを使っているんですが、鮮度がよくて、身がいっぱい詰まったものだけを厳選して仕入れているんですよ。
ヤッポー 身が詰まっているっていいわね〜。…ねえ、そういえば“釜茹でそのまま”っていうシールが貼ってあったけど、あれって何?

千葉  いいところに気づいてくれましたね! 普通のボイルがには、水揚げしたら、茹でたものを冷凍してお店に運んで、解凍して販売することが多いんです。
一方、この“釜茹でそのまま”は、水揚げしたら急速冷凍し、関東の加工場に運んでから釜茹でするんです。それを“冷蔵(チルド)”でお店に直送しています。
茹でてから冷凍すると解凍するときに旨味が逃げてしまうのですが、これなら、かに本来の風味や食感を楽しむことができるんですよ。さっそく食べてみて!
ヤッポー もぐもぐ。うわ〜、おいしい! 身がみずみずしくて、甘みもたっぷり!  
千葉 でしょ? 「かにといえば、これ!」と指名買いしてくださるお客様も多いほど好評なんです。

プリップリでおいしいえびも必食! 旨味ぎっしりの味噌を味わって。

千葉 ヤッポーちゃん、実はこの“釜茹でそのまま”シリーズ、かにだけじゃなくてえび(バナメイエビ)もあるんですよ。
ヤッポー え? それ、私の友達も知らないんじゃないかしら!?
千葉  味噌まで楽しめる“有頭”と、頭なしで背中に切れ目が入った“無頭”がありますが、おすすめは何と言っても有頭! もうね、味噌が絶品なんです! はい、どうぞ! 
ヤッポー (味噌をチューッと吸って)んー♡ 旨味が濃くておいしい〜! 身も甘くてプリプリ! しかも、この殻の剥き方、ユニークね。すごく味噌が食べやすい!
千葉 そうでしょう? 普通は頭ごとざっくり取ってしまうことが多いんですが、それだと奥の方にある味噌を吸いきれず、もったいない! 私のオススメは、頭部分の殻をパカッと開く方法です。あとでやり方を説明しますが、すごく簡単で食べやすいので、ぜひ試してみてください。

ヤッポー ありがとう! この方法ママ友にも教えてあげなきゃ! 
千葉 “釜茹でそのまま”シリーズは週末・祝祭日を中心に展開しているので、「今日はちょっと豪勢に!」というときや、年末年始の来客時のおもてなしにもぴったりです。かにはそのままテーブルに出すだけでごちそうになりますし、えびはおつまみやサラダのトッピングに使っていただくとテーブルが華やぎますよ。
ヤッポー 年末年始のごちそうは、“釜茹でそのまま”コンビで決まりね! 

パカッと開けてチューッ! えび味噌の上手な食べ方!

①えびの目の上の部分から、殻を引っ張るようにして開ける。
②殻を外したら、そのままかぶり付いてチューッっと味噌を吸うだけ!


※一部店舗によっては取扱いのない場合もございます。
※画像はすべてイメージです。

関連記事

脂の甘~い黒豚にヤオコーがこだわるワケ

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ