商品ストーリー

おいしさの舞台裏 2017.11.18

外サクッ。内ジュワ?! クリスマスはおいしいフライドチキンを家族で楽しもう

外サクッ。内ジュワ?! クリスマスはおいしいフライドチキンを家族で楽しもう
食欲をそそる香ばしい香り、サクサクッと小気味いい音、じゅわ?っと溢れ出すお肉の旨味…。大人も子供も大好きなのがフライドチキン! これがなくちゃ、クリスマスパーティは始まりません! ヤオコーでは、人気のフライドチキンを、毎年お客様の声やトレンドに合わせてリニューアル。材料やレシピの改良を重ね、よりおいしく進化しているんです。

「今年はクリスマスに、家族みんなにおいしく食べてもらえるように、お子様でも食べやすい“骨なし”フライドチキンのおいしさをとことん研究。ついに納得いくものが完成しました! 目指したのは、専門店にも負けない、本格派フライドチキンです!」と気合十分なのは、フライドチキンが大好物だという惣菜担当・森永です。
食欲をそそる、ほどよくパンチのある香りと味が鶏肉のおいしさを際立たせる
お子様から大人まで楽しめるフライドチキンにするべく、まずこだわったのが味付け。
厳選された穀物で育てられた鶏肉そのもののおいしさを存分に楽しめるよう、使用するスパイスやハーブを一から見直しました。

「スパイスを効かせればインパクトのある味わいになりますが、それだと鶏肉の繊細な風味や旨味は消えてしまいます。そこで、ホワイトペッパーやブラックペッパーといった日本人になじみのあるスパイスを厳選し、肉の味わいを引き立てる味付けにしました。スパイシー過ぎず、マイルド過ぎず…ほどよくパンチの効いた味わいを生み出すのが本当に難しかったですね。試行錯誤を繰り返してたどり着いた配合は門外不出の自信作です!」(惣菜担当・森永、以下同)
小麦粉の種類や配合、手作業にこだわって、薄衣のサクサク感と風味を追求!
今回は素材のおいしさを活かすために、“薄衣”にもこだわりました。肉を切って断面を見ると、分厚いお肉に対して衣がいかに薄いか、一目瞭然です。

「今回は、小麦粉の種類や配合もガラリと変えて、衣のサクサク感と香ばしい風味をアップしています。さらに、これまで機械で行っていた衣付けの作業を、全て手作業に切り替えたのもポイントです。鶏肉を一枚一枚丁寧に広げ、余分なバッター液や粉をきちんと落とすことで、全体的にムラなく衣をつけることができるんです。機械より手間や時間はかかりますが、おいしさは段違い。“衣は厚いけど、肝心のお肉は小さかった…”なんて、お客様をがっかりさせることはありません!」
1個150gで食べ応え満点! 小さめサイズ&フライドポテトのセットも登場!
骨なしフライドチキン1個の大きさは150gと、ボリューミーで食べ応え満点! とはいえ、絶妙なスパイス使いや、軽やかな薄衣なので、女性や育ち盛りのお子様でも1個ペロリと食べられてしまいます。一口サイズにカットしてサラダにトッピングするのもおすすめ!

「90gの骨なしフライドチキンとお惣菜で人気のフライドポテトを組み合わせたセットや、クリスマス限定の『ファミリーバーレル』も登場します。そちらもぜひ楽しみにしていてください!」

シンプルながらも奥深?い味わいで、何度でも食べたくなる、ヤオコーのフライドチキン。みんなでガブッと頬張って、クリスマスパーティを楽しんでください!

『ヤオコーの骨なしフライドチキン』1個 198円(税込213.84円)

※画像はすべてイメージです。

関連記事

クリーミードレッシングはここがすごい!

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ