HOME >  環境・社会貢献活動 >  ヤオコーの森林(もり)

ヤオコーの森林(もり)

未来に繋ぐ、森林(もり)づくりへ

ヤオコーは地球環境保全や社会貢献活動の一環として、『埼玉県森林づくり協定』を埼玉県と小川町の間で締結し、地域とともに歩む企業として、植樹活動「ヤオコーの森林づくり」を始めました。

ヤオコー発祥の地であります、小川町にある町有林(3.53ha)に3年かけて植樹することを決定し、協定締結式が2008年10月25日に執り行われました。

地球温暖化防止という環境問題に対し、植樹活動を通して地域の皆様とともに、次世代へ繋げていく環境保全活動を展開してまいります。

締結式の写真

(写真:埼玉県提供)

植樹祭

【第4回】 2016年10月

ボランティア参加者約30名とスタッフにより、約80本(ヤマザクラ等の広葉樹)を植樹しました。

第4回植樹祭の写真1 第4回植樹祭の写真2

【第3回】 2011年 3月

東日本大震災の影響により、中止となりました。植樹予定の約600本は後日スタッフにより植樹しました。

【第2回】 2010年 3月

ボランティア参加者約100名およびスタッフで、10班に分かれ約600本を植樹しました。

第2回植樹祭の写真1

【第1回】 2009年 3月

ボランティア参加者約150名(お客さま、社員、新入社員研修者等)で第1回植樹祭が開催されました。

参加者全員、鍬やスコップを手に、およそ一時間で約1000本(ヤマザクラ、ケヤキ、クヌギ、イロハモミジ、ヤマツツジ等の広葉樹)を植樹しました。

第1回植樹祭の写真1 第1回植樹祭の写真2

このページの上部へ

スマホ向けページを表示