商品ストーリー

おいしさの舞台裏 2019.11.09

予約限定! 名店ottoのバスクチーズケーキ

予約限定! 名店ottoのバスクチーズケーキ

ヤオコーのクリスマスケーキのご予約受付が今年も始まっています。
なかでも毎年楽しみにしているファンが多いのが、所沢にあるイタリアンレストラン「otto」のオリジナルケーキ。リストランテ・ヒロの銀座店料理長も務めた山形聡シェフが、ヤオコーのためだけに毎年考案する趣向を凝らしたケーキはグルメの間でも話題です。

そして気になる今年の新作は、大流行中のバスクチーズケーキをシェフ流にアレンジしたもの。山形シェフならではのこだわりが詰まった、巷のバスクチーズケーキとは違う、クリスマスにふさわしいケーキになっています。

濃厚でクリーミーな味はクセになるおいしさ

バスクチーズケーキとは、スペイン・バスク州発祥のチーズケーキ。ベイクドチーズケーキのような焼き目のついたヴィジュアルながら、その味わいはレアチーズケーキのようにクリーミーでまろやか。焼き目をつけた表面のほどよい苦味がケーキの甘さを引き立てる、そのおいしさが評判となり、今では専門店もできるほどのブームになっています。
「山形シェフの専門はイタリアンですが、実はバスクでも修行をしていたことが判明したんです! そこで、今年はバスクチーズケーキをシェフ流にアレンジすることになりました」(商品戦略・本田、以下同)

通常のバスクチーズケーキはクリームチーズがベースですが、今回はイタリア風にマスカルポーネチーズもブレンド。
「マスカルポーネは乳感が高いのが特徴。さらに全体的に乳製品の比率を上げることで、よりクリーミーで口どけの良いおいしさに仕上がっています」

フルーツたっぷりのパウンドケーキをドッキング!

「チーズの味が引き立つように、甘酸っぱいドライフルーツをたっぷりと混ぜ込んだパウンドケーキと組み合わせたのも、シェフのこだわりです」
パウンドケーキには、8を意味する店名のottoにちなんで、りんご、イチジク、クランベリー、いちご、アプリコット、マンゴー、レーズン、オレンジの8種類のドライフルーツをミックス。しかも粒のままのレーズンが入っていたりして、フルーツ感たっぷり!
「フルーツの甘味があるので、全体的に砂糖の量を控えめにしているのもポイントです」

クリスマスにふさわしい華やかなパッケージはギフトにも最適!

ホリデーシーズンにふさわしく、ottoのクリスマスケーキにはオリジナルボックスをご用意。ジュエリーや香水でも入っていそうな重厚感のある黒のボックスを開くと、真っ赤なペーパーに包まれたバスクチーズケーキがお目見えして、パーティ気分が盛り上がること間違いなし。

濃厚でクリーミーなチーズと、ドライフルーツの酸味と甘味がマッチしたバスクチーズケーキは、お酒との相性も抜群です。
毎年人気を集めるottoのクリスマスケーキは、数には限りがありますので、ご予約はお早めに!

予約・数量限定『ottoバスクチーズケーキ』(直径約12cm×高さ約6cm)4,280円(税込4,622.40円)

※画像はすべてイメージです。

関連記事

クリスマスはクワトロピザを楽しんで!

ヤオコー商品のこだわり・
開発ストーリーをいち早くお届け!

ヤオコーアプリのダウンロードはこちら

AppStore

Googleplay

ヤオコーアプリ

ヤオコーでのお買物をもっと楽しく便利に!

ヤオコーアプリ