プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2017年3月
« 2月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

✍ お客様の声より✍


春の展示替え以降の『お客様の声』をご紹介いたします。

yjimage[5].jpg

✾Thank you for your hospitality and detailed explanation about the building Ito's  architecture has always been simple and inspiring.

 

✾先月川越に来た時に食事をしたお店の人に、この美術館を紹介されました。たてもの、絵もすばらしく庭もすてきで、心が落ち着きました。久しぶりに絵を見ました。早春の絵が何故か心をひかれました。主人は2年前に病気にて失語症になり、絵をみて心の中で感じとってくれたらと思います。

 

✾川越に住み5年。川越の名所を少し知ろうと立ち寄りました。僕が気になったのは「光る海」です。すばらしく青々としたきれいな海の青さを、写真以上に感じました。お金が沢山あれば、家にかざりたいです。

 

✾風景画が、どれもその場に自分が連れて行かれたような気分になる、臨場感、躍動感に満ちていて、素晴らしかった。「老いる」「生きる」は、衝撃的で心に残った。かしこー。

 

✾魂で描く画家なのだと感じました。とても私の魂もふるえ、生きることへの"力"をいただいた気がします。初めてこちらに来ましたが、来ることができて、良かったと思います。また来ます。ありがとうございました。

 

✾埼玉春日部より再来館しました。前回観て感動で、涙があふれたことを思い出します。今回もじっくり身体で心で感じて行くつもりです。カフェもとても素敵で、桜の絵を見ながらの、コーヒーの美味しかったこと。又来たいと思います。連れてきてくれた子供達に感謝!! スタッフの皆さま、ありがとうございました。耳に障害のある私にとって、絵を描く見ることは、最高の喜びです。

yjimageCAO0QWH5.jpg

✾多くの方同様、伊東豊雄さんの建築目的に来ましたが、絵もとても素晴らしく、見識を広げさせていただきました。館長様を始め、スタッフの方の対応、人柄も気持ちの良いもので、美術館自体のファンになりました。また伺いたいと思います。