プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2017年3月
« 2月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

✍ お客様の声より✍


          美術館に寄せられました『お客様の声』を掲載いたします。

 

❁仕事中たまたま見かけた美術館。建築にひかれ、おとずれてみたところ、やはり伊東豊雄先生で、感動致しました。川越にこんなに素敵なところがあるなんて......。次回は修復士の妹とともに来ます。   S様

yjimageCA4TQB00.jpg❁ふじみ野(旧上福岡)に住んで25年ですが、はじめてゆっくりと川越駅前からこちらのヤオコー美術館迄散策・散歩をしました。市の美術館や城址等素晴らしい空間があり、その先に本美術館を発見しました。三栖先生をはじめて知りましたが、その作品に触れ感動しました。特に「老いる」、田舎にいる母を思い出し、おもわず涙が出ました。「おふくろ、元気かな...」「長生きしてくれ......祈る」  S.H様

追伸:美術館の造形もシンプルで美しいものでした。コンクリートも大変美しいと感じた。

❁僕は今回伊東さんの建築物を主に見にきましたが、作品を見て三栖さんの絵がとても好きになりました。とてもリアルで、何かをうったえかけているようでした。また建築物も、周辺との環境もとても魅力的でした。内部についても外部との関係があって、とてもいい建築物だと思いました。  琉球大学 建築コース 学生

❁「生」が感じられる絵画だと思いました。「冬野」が特に好きです。それぞれの部屋で違う空間の建築は、富弘美術館と通じるところがあるように思いました。アンドリュー・ワイエス、調べてみます。  京都大学 建築 学生

❁東北の皆様に祈りを込めて、今日は静かに時を過ごしました。ここは時が止まった様に静かです。絵を見ていると希望が生まれます。これからも前に進んで下さい。

❁又「生きる」を見にきました!「老いる」自分の老後を重ねて見ている様で、今を元気に過ごし、くいのない年のとり方をと思わずにいられません。yjimageCAVR3BVZ.jpg

❁昨年の同じ時期に、病気と闘っている夫と二人で、絵の教室の先生から話をうかがい、足を運びました。二人共余りの迫力に、感動し、又来ましょう!と何かの時に楽しみに言っておりました。残念でしたが、昨年の11月に亡くなってしまいました。私はもう一度どうしても美術館に、来たいと思いました。近くの大切な友達が、私の話を聞いて、一緒に来てくれました。今回も入るなり足を止めて、ただ夢中で観せて頂いています。友達に感謝ですし、今回の展示作品に感動です。本当に足を運んでよかったです。亡夫に報告します。  飯能市より