プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2017年3月
« 2月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

4月25日は三栖先生の誕生日です


4月25日で、三栖右嗣生誕84周年になります。
私は昨年10月から、「三栖右嗣記念館」の開館に携わって
きましたが、残念ながら生前の三栖先生には、一度もお目
にかかっていません。
今後、三栖先生の奥様から、生前の先生のお人柄やエピソー
ドなどを、少しずつお聞きするのが楽しみです。
当美術館は3月11日の開館以来、三栖先生の力作に惹かれ
る多くの入館者で賑わっています。
先生は、「絵描きは作品がすべて。言葉はいらない」という
信念を持つ画家。自作や心情を記した言説を多く遺していま
せん。
花も、実も、海も、いのちあるものとしてとらえ、「生命
(いのち)」と云うテーマで作品を生涯描き続けた画家です。
                      宇多村 記