プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2017年3月
« 2月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

✍ お客様の声より✍


     美術館の『お客様の声』のノートも3冊目となりました。

      昨年末からの「お客様の声」を掲載いたします。yjimageCAU90A85.jpg

✿「この美術館に思う」絵画は自然を愛で感嘆して創造する人、それを愛で賞讃する人の関係で成り立っているのですね。それにしても、ヤオコーの創業者の川野トモさんが手にされた、三栖画伯の一枚の小さい絵から始まった物語も感動です。創る人、観る人、育てる人で、芸術の世界が育てられているということでしょうか。   T様

 

✿建物の外観がまず美しく、ずっと来たいと思っていました。展示も素晴らしいです。「爛熳」が生で見られたのは嬉しかったです。じっと見ていると、立体的な奥行すら感じられて来て、圧倒されました。イベント等でも、また来たいと思います。   A様

 

林檎リトB.jpg✿リンゴの絵に惹かれて観に来ました。木から落ちても尚、力強い生命力を畜えているリンゴの姿に圧倒されました。私も時々絵(色鉛筆で)を描きますが、リンゴを描くことがとても好きです。次回は、今までとは別の感性を持って描けるような気がします。素晴らしい影響を与えて下さり、ありがとうございました。   E様

 

✿ものすごいデッサン力に圧倒されました。あれこれ絵を見ながら、思いにふける貴重な時間をすごしました。お茶、とてもおいしかったです。甘味程々、素朴で。   Y様

 

✿長野より息子と来ました。リンゴに見慣れていますが、迫力あるリンゴはやはりすばらしいですね。大好きです。息子が気に入ったと言った絵が、亡くなった父と同じ、白いバラの絵でした。笑ってしまいます。感動をいただき、ありがとうございました。   M様

 

✿広島から来ました。すごいです。画集は、以前送っていただいてみていましたが、本物の迫力はすばらしいですね。生きとし生ける物、生命そのものを絵から感じます。ありがとう!! 少しでも近づいていきたい。絵を追います。   H様

 

✿真実と向き合う勇気を、教えて下さっていると思いました。一方で、自然のもつ美しさと比べると、人の命のはかなさを思います。人はなぜ年老い死ぬのか、その疑問もなげかけているようです。   Y様