プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2017年3月
« 2月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

お客様の声より


~~~~~~ 美術館に寄せられた「お客様の声」を掲載いたします。~~~~~~

 

今日で2回目です。ここへ来ると自分も絵が描きたくなります。旅にも出たし、そして  スケッチもしたし、そんな美術館です。また、いつか来ます。 

 

今日で2回目になります。「生きる」「老いる」3年前に亡くなった母を思い、切なくなります。私は今生きている。でも日々老いていく。美しく老いる事を願うけど...。

 

Yaoko Museum's architecture is very modern but at the same time peaceful and comfortable.The paintings are truly"Master pieces!" I love touch and the beautiful colors. My favorite the painting of the ocean with the tropical fruits and flowers. Thank you for the wonderful time.  

 

初めて三栖右嗣さんの作品を見ましたfが、とても感動しました。住まいも川越に近く、この美術館も一度伺いたいと思っておりました。現在難病の主人を介護しており、一時の暇もなく、毎日がアッという間に過ぎる生活をしていますが、今日用事で近くに来たことから、立ち寄ることが出来ました。ゆっくり鑑賞出来て、疲れもとれて、スッキリした気分で帰れます。ありがとうございました。

 

建築と絵画が互いにひきたてあい、ひびき合っているという印象。川越の地に、このような小さくても居心地のいいスペースがあるということを、うれしく思います。氷川神社に来た時などに、時々寄れせてもらいたいと思います。     M様

 

宮下町に到着。勝海舟自著の氷川神社の大鳥居が出迎えてくれる。巫女さんに、「美術館」はどちらかとたずねると、風鈴通を越えくぐり、橋を渡った処だとの教え。風鈴にかかれた「家族が健康で笑顔でいられますように」の文字を読みとりながら、せみの死がいを踏まないように、橋に到着。川をのぞくと、巨大な鯉の大群が出迎えてくれている。「魚」「里」=「鯉」はまさに故郷のにおいがする。9時50分に美術館に到着。現代建築の最高頂美術館である。開館前ながらも入館させて頂き感謝。そこは、スペイン。「落日の牧場」には涙し、完全にとりこまれてしまった。太陽光の下で「爛熳」、特には、「老いる」「生きる」、そして「家庭の肖像画」、「牛」と「薔薇」と「青い海」、ここには人の一生の全てがある。これからおはぎを食べて、限られた時間のなかで、人生を真剣にenjoyしようと思いました。スタッフの皆様、素晴らしい時間をありがとうございました。     T 様

 

川越氷川神社のそばに、モダンな美術館があるのを知り、立ち寄りました。三栖先生のことは存じあげませんでしたが、光と影、生き生きとした立体感に見入りました。「爛熳」では、涙が出てしまいました。入館料が安く、気軽にカフェで休けい気分というだけでも、立ち寄りやすくていいですね。次の作品も楽しみにまた来たいと思います。

 

17:00(閉館)前にご親切に入れていただいた。川高卒業後30年ぶりに川越に来て、ウワサを聞いて立ち寄った。なつかしい風景に新しい建物、いろいろとやさしく声をかけていただいた館の方に感謝。     A様

 

ひとつひとつの作品に、人の表情や自然の表情が感じられ、まるで自分が作品の中にいるような印象を受けました。人が見ている映像をそのまま切り取ったような作品だと感じました。素敵です。建物内の作品をひきたてるような演出も良いと思いました。来てよかったです。     S様

秋CA9BTZTK.jpg

明日で今回の展覧会が終了なので、必死になって茨城の笠間から、乗り継いでやって参りました。来たかいがあったです。「いい絵」をまとめて拝見出来ると、自然と心が気持ち良くなれます。「絵の力」というものを、しっかりと感じさせて下さる、立派な展覧会でした。今までよりはるかに川を越えて...。三栖右嗣画伯ファンになりました。ありがとうございました。     O様