プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2014年7月
« 6月   8月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

2014年7月 のアーカイブ

お客様の声より


本格的な暑い夏が到来しました。

今年、夏休みの計画はたてられましたか。

暑い夏は「涼しい美術館」で、名画を楽しまれてはいかがでしょうか。

7月も多くのご来館者があり、たくさんの方々からメッセージをいただきました。

以下に、その一部をご紹介致します。

P7300972.JPG  

●「老いる」を見て、自然と涙が出てきました。三栖先生の世界観に引き込まれる、素晴らしい展示。生と死はいつも自然の摂理であるというのが、ひしひしと伝わってきました。また来たいと思います。  I 様

●二回目です。同じ作品かと・・・思いながら・・・スペイン・・・「ワーよかった」・・・透明なスペイン、こんなにも広々とした所が地球の中にあるんですね。雲や丘や花が語りかけてくる作品。久々に・・・また来て良かった!!!と、思いました。新城さんの文章には、作者のことが気持ちと心と感じ方が伝えられていて涙しました。生きていることを伝えて、樹木がちゃんと空に太陽にのびのびと・・・美しかった!ありがとうございました。  S 様

●三栖さんの作品はもちろん、建築の美しさが圧巻でした。落ち着く素敵な空間です。また訪問したいと思います。                                      

●展示室が変わるたびに、空間の明るさが変わり、その部屋ごとに展示されている絵が、独特な雰囲気をあじわうことができた。 

●仕事の都合で千葉へ引越しましたが、埼玉に帰るたび、ここへ寄ろうと決めています。これからも素敵な美術館であって下さい。  I 様

●「或る家族の肖像」が、写真を見ているようでした。大きなしだれ桜の絵が一番好きです。どれもこれも本物みたいでした。私は油絵を習っているのですが、かき方がみんなそれぞれちがうことをあらためてかんじました。こことてもひびきますね!いとこといっしょに来たのですが、いとこがまだちいさいのではしりまわったり、大きな声を出してしまったりと、申しわけありませんでした。とても楽しかったです。  11才 H 様

皆様のお越しをおまちしております。

 

  

  

 


♫ 第13回美術館ミニコンサートのご案内 ♫


当館ミニコンサートも、開館以来今回で13回目となりました。

レベルの高い内容を、「入場無料」で実施していますので、毎回多くの皆様が参加されています。 

今回も満足いただけると確信しております。●yjimageCAO522MJ.jpg

今回は、キャリア豊富なジャズメン、「小林里枝カルテット」の皆さんによるスタンダードジャズをお楽しみいただきます。

名曲の数々を演奏していただきます。乞うご期待!! 

 小林里枝(アルトサックス)・飯田篤史(ピアノ)・東郷ケイジ(ベース)・小林司(ドラム)

 【予定曲目】 「A列車で行こう」「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」「枯葉」    ほか...

 

     *日  時* 平成26年8月30日 土曜日

             午後4時から5時

     *場  所* ヤオコー川越美術館(三栖右嗣記念館)ラウンジ内

     *入場料* ラウンジ内(コンサート)は無料です。

           【但し、絵画展示室入場者は通常料金をいただきます。

            ※大人 300円  中人(大学生・高校生) 200円 】

     *入場者* 先着80名様  お早めにどうぞ!

     *予約方法* ご希望の方は、直接または電話、メールにてご予約下さい。

                    ☎049-223-9511

                                             (ヤオコー川越美術館・三栖右嗣記念館)

          ≪メールは、このページ右下のお問い合わせからどうぞ≫           

                    皆様のご来館お待ちしております・・・・・・

yjimage[9].jpg