プロフィール
三栖右嗣氏(みすゆうじ)記念館は敷地内のシンボルツリーや新河岸川沿いの桜並木など、サクラとはなじみの深い美術館です。スタッフがブログを通じて、さまざまお知らせを提供し、さくらのように愛される美術館づくりをめざしています。
カレンダー
2013年3月
« 2月   4月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

スタッフブログ

ヤオコー川越美術館三栖右嗣記念館スタッフによるブログです。

2013年3月17日 のアーカイブ

開館一周年記念販売


「これは薔薇ではない、わたしが流した赤い涙の塊だ」と嘆く男の言葉がありましたが、暗い森と朝焼けの空を背景に、ひそやかにおかれた白薔薇は、どんな心を表しているのでしょうか。

コスモス、リラ、アマポーラ、牡丹と、花の心をうつしとる三栖絵画の中でも白眉の「夜明けの薔薇」がスカーフになりました。

柔らかい絹の風合いは、貴女のさまざまなシーンを美しく演出します。サイズは約92センチ角、シルク100%、Made in  Japan, miss c,のサイン入り、価格は一枚12,600円。

美術館に額装したスカーフを展示してあります。

すかーふ 3.JPG

 

 


新河岸川さくら情報・・・From美術館


こんにちは。いつもご愛読ありがとうございます。

3月17日の新河岸川の桜です。新河岸桜17日.JPG

ちょっとだけピンク色のつぼみが顔をだしました。新河岸桜17あ.JPG


春の展示替えのお知らせ


3月19日より、新しい展示が始まります。

開館一年目を迎えまして、2度目の展示替えを行います。500号の「爛熳」「老いる」など、お客様にご好評をいただきました作品は継続展示をいたしますが、春夏の「麓郷早春」「富良野風景」「北国春景」「リラ」「田園風景」「光る海」などが新たに加わります。