ヤオコーの仕事

SV・トレーナー

SV(スーパーバイザー)

9つの部門ごとに12地区に分かれ、10数店舗の管理監督を担当し、地区ごとの売上、利益を管理します。
本部の方針を伝え浸透させることと、困っていることや意見、成功事例の共有といった店舗の情報を吸い上げる役割を担います。

トレーナー

担当エリアにおける教育指導の役割を担います。
部門ごとの技術、オペレーションの教育、新店舗立ち上げの際のパートナーさんの教育などを担当し、ヤオコーにおける技術とサービスの質を均一化し品質向上を図ります。