ヤオコーの仕事

店長・副店長

各店舗において9部門、100~200名規模の人材、20億円規模の売上を管理します。
地域に根差した店舗づくりを目指すヤオコーにおいては、「個店経営」として、権限を委譲され、その店舗の個性、特徴を出していくことができます。
早い人では30代前半から店長に昇進する人もいます。

店長

「どういう方向性の店舗にするのか」「どういったお客様に向け、どんな品揃えにするのか」といった、その店舗ごとのコンセプトを考え計画を立て売場を具現化します。

副店長

店長を補佐し店舗運営を学びます。
パートナーさんの採用、消防・防犯、設備の点検・修繕も担当します。