ヤオコーの特徴

ヤオコーの理念

経営理念

生活者の日常の消費生活を
より豊かにすることによって、
地域文化の向上・発展に寄与する。

社是

明朗なる人生こそ明朗なる店をつくる
一.お客様に喜ばれ信頼される商品づくり
一.お客様に誠意をもって奉仕する心づくり
一.いつも健康に笑顔で行動する人づくり

28期連続増収増益

ヤオコーは28年連続で増収増益を記録しています。
その理由は、商い(あきない)のコンセプトが明確であることに他なりません。

提案型スーパーマーケット

食を提案する「ミールソリューション」

スーパーマーケットの経営は大きく「価格訴求型」と「提案型」の2つに大別されます。
ヤオコーが目指すのはもちろん後者。
「豊かで楽しい食生活提案型スーパーマーケット」のトップ企業を目指していきます。

「おかげさまの精神」

「提案型スーパーマーケット」の実現は、「個店経営」「全員参加の商売」を軸にした「おかげさまの精神」が支えています。

個店経営

「提案型スーパーマーケット」である上には、その地域に根差した店舗運営が求められます。
首都圏に広がる155店舗(2017年7月現在)には、ひとつとして同じ条件のものはありません。
地域に訴求し、愛される店舗を目指すことが大切なのです。
そのために、現場に権限を委譲し、経営判断を早くしたり、細やかなサービスを提供できるようにしています。

全員参加の商売

ヤオコーでは、働く人すべてが力を発揮してこそ発展があるのだと考えています。
それは社員であれ、パートナーさんであれ、そこに分け隔てはありません。
パートナーさんを単なるパートタイマーでない一人の戦力として期待し、私たちは尊敬の念をこめて「パートナーさん」と呼ばせてもらっているのです。
パートナーさんには、その地域の暮らしを知っている「食生活のプロ」の立場から意見を言ってもらい、その意見を尊重して店舗運営に活かしているのです。

人を大切にする会社

「日本一働きがいのある会社」を目指して、ヤオコーで働くすべての人が活躍し輝ける環境をつくります。
ヤオコーを担う人材をサポートする研修施設や制度も充実。社員、パートナーさんともに、産地・工場見学やアメリカへの研修に積極的に参加しています。
その他にも、パートナーさんが主役の取組み事例発表会「感動と笑顔の祭典」の開催、年に1回の大イベント「ヤオコー運動会」などを行っています。