HOME >  環境・社会貢献活動 >  省エネルギーの取り組み

省エネルギーの取り組み

省エネルギーや、低公害車の導入で環境保全に貢献

各店舗において、氷畜熱システムを導入などして、電気・ガス・水道の使用量の削減に向けた努力をしています。また、CNG車の導入(3台)や、アイドリングストップの実施により、社会環境に配慮しつつモノの流れを支えています。

環境配慮型店舗への取り組み

省エネ・自然エネルギー導入等へ関心が高まりつつある中で、立川若葉町店と相模原鹿沼台店の2店舗において、太陽光発電を導入しています。
太陽光発電システムは、2012年度年間発電量63,480kwhになり、店舗内全電気使用量の約4.5%をまかなう発電量になります。またCO2の排出量は約29.4トン削減されました。立川若葉町店と相模原鹿沼台店でも導入されているLED照明設備により従来店舗との比較で消費電力39.7%削減、CO2排出量は25.1トン削減されました。

立川若葉町店屋根の太陽光パネル

▲立川若葉町店 屋根の太陽光パネル

見える化への取り組み

立川若葉町店では、太陽光の発電量を店頭で表示、環境配慮型店舗の紹介を行っています。また、全店舗において、デマンドコントローラーによる電力使用量のコントロールを行っております。

立川若葉町店の店頭パネル表示

▲立川若葉町店の店頭パネル表示

デマンドコントローラー

▲デマンドコントローラー

環境負荷の低い店づくり

新店・改装店から順次、店内外の照明をLED照明へと切り替えています。長寿命・省電力による省エネに取り組んでいます。また、一部店舗では、ドア付きの冷凍ケースを活用して省エネを図っています。

スポットライトLED

▲スポットライトLED

アイスショーケース

▲アイスショーケース

冷凍食品売り場の冷ケース

▲冷凍食品売り場の冷ケース

このページの上部へ

スマホ向けページを表示